Sponsored Link

先制点お膳立ての堂安律、バー&ポスト直撃シュートなど存在感発揮も…フローニンゲンは勝利ならず

1
日本代表MF堂安律の所属するフローニンゲンは21日、エールディビジ第9節でヘラクレスと対戦した。

ここまで5勝1分け2敗で4位につけるヘラクレスと、同1勝1分け6敗で17位と苦しむフローニンゲンが激突。日本代表戦から戻ってきた堂安はトップ下で出場した。

■試合結果
ヘラクレス 4-1 フローニンゲン
■得点者
ヘラクレス:ダルマウ(25分、46分)、クワス(78分、90+2分)
フローニンゲン:マヒ(14分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00010016-goal-socc

フローニンゲンが最下位転落


2
いつも通りチームの攻撃の起点としてボールを集める堂安は、12分にビッグチャンスを迎える。マヒのボールを受けた堂安がボックス右で相手DFを翻弄してシュート。しかし、これは惜しくもクロスバー直撃でゴールとはならない。

それでも堂安は、直後の14分にゴールをお膳立てする。ボックス右手前で堂安からボールを受けたマヒが巧みな仕掛けで2選手をかわしてシュートに持ち込む。これがゴール右に決まり、フローニンゲンが先行した。

フローニンゲンは25分にダルマウにゴールを奪われて追いつかれると、34分にはウィエリクのファウルでPKを献上。しかし、VARでの検証の結果、主審はこの判定を取り消した。

すると前半終了間際、バイタルエリアでマヒからボールを受けた堂安がボックス内で仕掛けると、後方から倒されてPKを獲得。しかし、VARの判定により、堂安ではなくその直前でマヒのハンドがあったとされ、再びPKが取り消された。

迎えた後半、フローニンゲンは早々に再びダルマウにゴールを奪われて失点。そこから反撃に出たフローニンゲンは、73分にまたも“ホットライン”。ボックス右のマヒからゴールエリア右でボールを受けた堂安がすぐさまシュートに持ち込んだが、今度はポストに阻まれて得点とはならない。

結局、78分に3失点目を喫し、アディショナルタイムにも直接FKから失点したフローニンゲンはそのまま敗戦。堂安はインパクトを残したが、チームは今季7敗目を喫している。

次節、フローニンヘンは27日にPSVをホームに迎える。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月22日 01:45
    • ID:5SYEek.x0
    • まあ降格するだろうから個人昇格を果たしたいところ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ