Sponsored Link

デンベレ? マウコム? それともシステム変更? メッシ離脱のバルサが打つべき対策は?

1
リオネル・メッシの穴を埋めることなど不可能だ。だが、大エースが怪我で戦列を離れてしまった以上、バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は何かしらの策を講じなければならない。

10月20日のセビージャ戦で右腕を骨折したメッシは、3週間の戦線離脱となることが発表された。バルサはチャンピオンズ・リーグのインテルとの2連戦、そして何よりも28日に予定されているレアル・マドリーとのクラシコを、キャプテン不在で戦わなければならなくなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181022-00049138-sdigestw-socc

サポーターは「マウコムにチャンスを!」


2
セビージャ戦でメッシと交代したウスマンヌ・デンベレは、今後も代役候補となり得るだろう。スペイン紙『Marca』は、「バルサはデンベレに期待している」としたうえで、「怪我で大半を棒に振った昨シーズンのリベンジを果たすチャンスを与える用意がある」と報じている。

一方で、今シーズンの新戦力マウコムを起用するのも一案だ。ここまでほとんどベンチにも入れず、出場はわずか2試合(しかも6分と19分)にとどまっているが、夏の移籍市場でローマを出し抜いてバルサが獲得したブラジル人アタッカーだけに、この緊急事態における解決策となり得るかもしれない。

『Marca』紙は、バルベルデ監督がシステムを変える可能性も指摘した。3トップではなく、ルイス・スアレスとフィリッペ・コウチーニョ(あるいはデンベレ)の2トップや、スアレスを1トップとする新フォーメーションの採用だ。

サポーターは、マウコムの起用に期待している。『Marca』紙のアンケートによると、2万4000人を超えるユーザーのうち、47%が「マウコムにチャンスを与えるべき」と回答。「デンベレに賭ける」の32%、「プレーシステムの変更」の21%を上回った。
3
メッシが復帰できるのは、11月のインターナショナルウィーク明けになる予定だが、それまでの5試合を、バルベルデ監督がどう乗り切るか注目される。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月23日 06:50
    • ID:q9lKXpiy0
    • メッシなんていない方が強い
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月23日 07:49
    • ID:JL.Yd7FL0
    • 試合見ていないならしったかコメントするな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月23日 08:47
    • ID:ETZdilei0
    • 1
      そんなわけないだろ。むしろ、今のバルサはメッシのワンマンチームだぞ。メッシが居なくなったら今のレアルより酷い暗黒時代あるぞ。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月23日 09:30
    • ID:LtIZwvjN0
    • バルベルデが思った以上につかえんかた
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月23日 10:27
    • ID:e5F.tL8L0
    • KSDの3トップでスタートして守備時に4-4-2になる感じになるんじゃないかな。中盤はアルトゥールといつもの2人!

      スアレスの1トップは最近のコンディションから考えてもやめといた方が…
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月23日 11:41
    • ID:WCkQnYIu0
    • ※4
      選手交代遅すぎるよな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ