Sponsored Link

チーム内得点王・鎌田大地が今季6点目!シントは逆転勝利で4試合ぶり白星

1
ジュピラーリーグは4日に第14節が行われ、シント=トロイデンはズルテ・ワレヘムと対戦した。

直近3試合で1分2敗と勝ちがないシント=トロイデン。久しぶりの勝利を目指し、ホームにズルテ・ワレヘムを迎えた。冨安、遠藤、鎌田と日本人選手は3人スタートから登場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000035-goal-socc

シントトロイデン鎌田が同点弾


2
29分に先制を許したシント=トロイデンは、後半頭から遠藤を下げてデ・サールを投入。メンバーを変えて後半に臨む。

すると61分、鎌田が試合を降り出しに戻す。ゴール前でのワンツーで途中投入のデ・サールがフリーとなると、エリア内の鎌田にラストパス。受けた背番号15は、冷静にGKとの一対一を制した。鎌田の2試合ぶり今季6ゴール目で、同点に追いつく。

同点後試合を上手くコントロールするシント=トロイデンは、75分に相手が退場者を出して数的優位を手にする。そして85分、アコラテが浮き球を豪快にボレーで叩き込み、逆転に成功した。

その後もシント=トロイデンは試合を支配し、4試合ぶりの白星を挙げた。なお、鎌田は今季8試合出場で6ゴール。チーム内得点王に立つなど、欠かせない存在となっている。

次節、シント・トロイデンは豊川所属のオイペンと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月05日 10:03
    • ID:a8OO4hSo0
    • 8試合6得点で得点ランキングで10位
      1位が13試合で10得点で、チームのレベルからしても立派だね
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月05日 10:28
    • ID:V1jIs3F80
    • それより後半開始から下げられる遠藤w
      やっぱり日本人が海外でボランチはダメなんだな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月05日 10:46
    • ID:5QX7AOei0
    • 遠藤は出来が悪いとかじゃなく監督がシュチュエーションによって使い分けてるみたいよ
      相手によってフォメを弄る監督で状況によっては途中からでも遠藤を使う
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月05日 10:57
    • ID:H3LlrI2r0
    • 植田がスタメン連続出場してるのが嬉しいわ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月05日 12:43
    • ID:lXmHIemf0
    • リードされている状態で守備的ボランチを置いておく必要はないからな。
      戦術弄るならそこがまずポイントになる。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ