Sponsored Link

マンC、CLに弾みをつける大量6得点でサウサンプトン粉砕…吉田は出場機会なし

1
マンチェスター・Cは4日、プレミアリーグ第11節で日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンと対戦し、6-1で勝利した。3試合連続ベンチスタートの吉田は出番なしに終わっている。

7日にチャンピオンズリーグ・シャフタール戦を控えているシティは、1日に行われたカラバオ杯フルハム戦から9人を変更し試合に臨んだ。

【スコア】
マンチェスター・C 6-1 サウサンプトン
【得点者】
1-0 6分 べスレイ・フート(サウサンプトン/OG)
2-0 12分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
3-0 18分 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)
3-1 30分 ダニー・イングス(サウサンプトン/PK)
4-1 45+2分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
5-1 67分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
6-1 90+1分 レロイ・サネ(マンチェスター・C)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00857991-soccerk-socc

サウサンプトン大敗6失点


2
試合は序盤から一方的な展開に。レロイ・サネが中央に折り返すと、ベスレイ・フートのオウンゴールを誘い、幸先よく先制に成功した。さらに12分、ベルナルド・シウヴァのパスに反応したラヒーム・スターリングが中央へ折り返し、セルヒオ・アグエロが押し込み追加点。18分にも、スターリングのクロスに反応したダビド・シルバが左足ボレーシュートを突き刺し、リードを広げた。

しかし劣勢のサウサンプトンも反撃にでる。29分、ライアン・バートランドのスルーパスでペナルティエリア左に抜け出したダニー・イングスがエデルソンに倒されてPKを獲得する。このPKを自ら蹴り込み、1点を返した。

前半アディショナルタイム2分、D・シルバのスルーパスをアグエロが相手DFに競り勝って折り返すと、スターリングが一度は空振りするも、シュートを沈め、再びリードを3点差とした。

後半も圧巻の攻撃を見せたマンチェスター・Cは、67分にまたもスターリングが、後半アディショナルタイム1分にはレロイ・サネが追加点を挙げ、ホームでサウサンプトンを下した。

次戦、マンCはCLでシャフタール・ドネツクと、サウサンプトンはリーグ戦でワトフォードと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月05日 12:56
    • ID:CqpeFEN60
    • 昨季は免れたが今季は降格待ったなしだな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月05日 13:31
    • ID:ip9JlXIh0
    • だから、何故吉田を使わない?
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月05日 13:59
    • ID:dwSo6i0P0
    • この監督腐ってるな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ