Sponsored Link

“記録的シーズン”のオレンジ・カウンティはドログバ弾に屈す…本田圭佑オーナー「よくやってくれた」

1
元日本代表FW本田圭佑が実質オーナーを務めるユナイテッド・サッカー・リーグ(アメリカ2部)のオレンジ・カウンティSCは4日、西地区決勝戦にあたるプレーオフ準決勝を行い、フェニックス・ライジングに1-2で敗れた。

元JリーガーのMF橋本晃司のゴールで1点を返したが、わずかに及ばなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-04524375-gekisaka-socc

クラブ史上初のプレーオフ準決勝進出するも…



現在はオーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属している本田は昨年12月、オレンジ・カウンティの実質的な経営権を取得。1シーズン目の西地区リーグ戦で20勝6分8敗の好成績をおさめ、リーグ制覇を果たすと、プレーオフでも快進撃を見せ、順調に準決勝まで勝ち上がった。

相手は元コートジボワール代表のFWディディエ・ドログバが所属するフェニックス・ライジング。開始直後に失点を喫すると、後半28分にドログバにもゴールを決められ、苦しい展開を強いられる。同37分、かつて水戸ホーリーホックなどで活躍した橋本のゴールで1点を返したが、1-2で敗れた。

それでもプレーオフ準決勝進出はクラブ史上初の出来事で、クラブ公式サイトでは「記録的シーズン」と総括。本田は自身の公式インスタグラムを通じて「敗れはしたが、よくやってくれた。この優れた結果を聞いてとてもうれしいよ。来季に向かって良い準備をして、チャンピオンになってほしい。諦めるな!」と英語でメッセージを送っている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月06日 23:40
    • ID:M805LAKd0
    • ハッシーゴールしたんだ。残念だけど、また頑張れ!
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月07日 11:35
    • ID:Xlnx9Xlc0
    • 惜しい。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ