Sponsored Link

インテルとバルサはドロー決着…マルコムCLデビュー弾もイカルディが同点ゴール

1
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が6日に行われ、インテルとバルセロナは1-1で引き分けた。

【スコア】
インテル 1-1 バルセロナ
【得点者】
0-1 83分 マルコム(バルセロナ)
1-1 87分 マウロ・イカルディ(インテル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00859018-soccerk-socc

インテルとバルセロナの一戦はドロー決着


2
試合はお互い立ち上がりからチャンスを作り、バルセロナは12分にルイス・スアレスがペナルティエリア中央から左足シュート、ホームのインテルも19分にクワドォー・アサモアが折り返しに左足で合わせたが、どちらも枠を捉えられず。その後はバルセロナの優勢が続き、L・スアレスが22分にエリア内からループシュート、42分にはエリア内のこぼれ球をダイレクトで叩くが、得点には結びつかず、スコアレスのまま前半は終了した。

後半に入ってバルセロナは60分、カウンターからイヴァン・ラキティッチがエリア右フリーで決定的なシュートを放つが、GKの好セーブに阻まれる。インテルも65分、左サイドからのクロスにマッテオ・ポリターノがヘディングで合わせるが、枠の右に外れた。

試合が動いたのは83分、バルセロナが先制する。2分前に途中出場しCLデビューを飾ったマルコムが、エリア内右でフェイントから素早く左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。しかしインテルも87分、エリア内でマティアス・ベシーノがシュートを放つと、そのこぼれ球をマウロ・イカルディが強引に押し込み、同点に追い付いた。試合はこのまま1-1で終了。バルセロナは勝ち点「10」で首位を、インテルは同「7」で2位をキープした。

次節は28日に行われ、インテルはアウェイでトッテナムと、バルセロナはアウェイでPSVと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月07日 10:33
    • ID:NZMMFJwE0
    • SGGKハンダノ神
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月07日 10:42
    • ID:CvvxPtck0
    • ハンダノビッチが何点止めたことかさすが半田神
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月07日 10:54
    • ID:J0pelGbt0
    • これでもうバルサは仮に2連敗しても
      2位通過確定みたいなもんだな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月07日 12:43
    • ID:cqX0AATe0
    • みたいなもんってか確定やで
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月07日 14:42
    • ID:.F.pIW1q0
    • バルサは最終節のスパーズ戦完全に消化試合になるだろうなあ。次のスパーズ対インテル戦は決定的な試合かもね
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月07日 21:25
    • ID:BUpBh5930
    • 最後数分はバルサもボール回して時間稼ぎしてたし、これでOKということなんだろうな。
      しかしコウチーニョとデンベレをサイドに置くとただの劣化MSNみたいになっちゃうね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ