Sponsored Link

イニエスタ、レアル監督解任の恩師ロペテギに感謝の言葉…「僕を信頼してくれた」

1
J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがスペインのラジオ番組に出演し、10月29日に成績不振でレアル・マドリードから解任が発表されたフレン・ロペテギ監督について言及。スペイン代表の恩師に向けて感謝の言葉を述べている。

2016年からスペイン代表を率い、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場へと導いたロペテギ氏。今年5月22日にスペインサッカー連盟と20年まで契約を延長したが、6月12日に突如として新シーズンのレアル監督就任を発表。これを受けて翌13日、ロシアW杯開幕前日というタイミングで同氏はスペイン連盟から電撃解任された。

注目を集めたレアルでの再出発だったが苦戦が続き、リーガ・エスパニョーラ第10節の“エル・クラシコ”で、宿敵バルセロナに1-5と大敗。この惨敗が監督解任の決定打となった形だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00146333-soccermzw-socc

着用していたバルサ8番の後継者、スペイン代表復帰の可能性、Jリーグについても言及


2
スペインのラジオ局「オンダ・セロ」と「ラジオ・マルカ」が提携して放送するラジオ番組「エル・トランジスタ」に出演したイニエスタは、「ロペテギ監督とは良い関係だった。彼はいつも僕を信頼してくれていた」と語った一方、スペイン代表監督から解任された時のエピソードを明かしている。

「彼は代表チームでは上手くいっており、いつも私に自分が重要だと思わせてくれた。ワールドカップで起きたことは、誰も望んでいなかった。解任された時、メッセージを送ったんだ」

また、イニエスタは今季の古巣バルセロナにも言及。先日のクラシコについて、「バルセロナはレアル・マドリードを相手に非常に優れたプレーをした。彼らに全く選択肢を与えなかった」と評価。また、ブラジル人MFアルトゥールがかつて自身の着用していたバルセロナの“背番号8”を継いだことに関しては、「良いと思うよ。彼がそれを長く着るほど、バルセロナにとって良い。彼はどんどん良い選手になるさ」と喜んだ。

一方、最近の“ラ・ロハ”(スペイン代表の愛称)に、バルセロナで共闘したスペイン代表DFジョルディ・アルバが不在となっている件にも触れ、「僕にとって、彼は最高の左サイドバック。だけど、決断するのは監督だ。彼がいないのは個人的な理由ではないと思う。監督(ルイス・エンリケ)はそういうことはしない」と話し、自身については「僕の代表としての時間は終わった。復帰はないよ」と断言した。
3
最後に、日本のJ1リーグについて「Jリーグのテクニックのレベルと、フィジカルに驚かされたよ。僕は競争し続けたかった。そして、Jリーグでそれができている」と締めくくった。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月08日 12:49
    • ID:oAIr7QZ30
    • リップサービスを欠かさない出来たスター
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月09日 08:52
    • ID:hXbesRkm0
    • Jリーグのクラブをバルセロナのようにするのも立派な挑戦だと思うわ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ