Sponsored Link

酒井宏樹は絶好機生かせず…昨季準優勝のマルセイユ、4戦未勝利でEL敗退

1
ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が8日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはアウェイでラツィオに1-2で敗れた。酒井は右ウイングバックで先発出場し、好守に存在感を見せ、3試合ぶりにフル出場した。

【スコア】
ラツィオ 2-1 マルセイユ
【得点者】
1-0 45+1分 マルコ・パローロ(ラツィオ)
2-0 55分 ホアキン・コレア(ラツィオ)
2-1 60分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00860032-soccerk-socc

酒井宏樹は立ち上がりにチャンスを迎えたが、シュートは惜しくもGKセーブ


2
マルセイユは開始7分、酒井に絶好のチャンスが訪れる。スローインを味方がつなぎ、酒井がゴール前フリーとなったが、左足シュートは惜しくもGKの好セーブに阻まれた。試合が動いたのは前半アディショナルタイム1分、チーロ・インモービレが浮き球パスをエリア内へ送ると、マルコ・パローロが頭でゴール左隅に押し込んで、ラツィオが先制した。

後半に入ってラツィオは55分、ペナルティエリア左に抜けたホアキン・コレアが冷静に右足シュートをゴール右隅に沈めて追加点を奪った。2点を追うマルセイユは60分、高い位置でボールを奪うと、最後はフロリアン・トヴァンがエリア内右から冷静にゴール左隅へ流し込み1点を返したが、反撃はここまで。昨シーズンEL準優勝のマルセイユは、4戦未勝利(1分3敗)で2試合を残してグループステージ敗退が決定。勝利したラツィオは2位以内が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

次節は29日に行われ、マルセイユはアウェイでMF長谷部誠が所属するフランクフルトと、ラツィオはアウェイでアポロン・リマソールと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月09日 10:40
    • ID:JAUDSJ290
    • スコアが逆ですよ管理人さん
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年11月09日 11:06
    • ID:Fjt.AMY00
    • 逆なのは管理人じゃなくて、ソース元
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ