Sponsored Link

メルボルンVが5連勝で暫定首位浮上!本田4戦連発ならずもアデレードとの上位対決制す

1
オーストラリアAリーグは8日に第7節が行われ、メルボルン・ビクトリーはアデレード・ユナイテッドと対戦した。

開幕2連敗後4連勝と調子を上げ、2位につけるメルボルンV。暫定首位浮上へ向け、ホームで3位アデレードUとの上位対決に臨んだ。移籍後4ゴール3アシスト、直近3試合連続ゴール中と絶好調の本田圭佑は、右インサイドハーフでこの日も先発出場を果たしている。

■試合結果
メルボルンV 2-0 アデレードU
■得点者
メルボルンV:バルバルセス(62分)、トイヴォネン(81分)
アデレードU:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00010012-goal-socc

メルボルンVが5連勝


2
開始10分で負傷により交代カードを1枚切ることを余儀なくされたメルボルンVは、試合序盤はアデレードUにボールを握られる時間が続き、15分にはバー直撃となるヘッドを許すなど、苦しい展開が続く。

20分にトイヴォネンがカットインからシュートを放ちGKにセーブを強いたが、本田がドリブルで持ち上がり倒されたシーンは笛がならず。27分には相手ボックス内でDFの手にボールが当たり、ビデオ判定がされるも、ここも笛はならなかった。メルボルンVはカウンターをねらえる場面もあったが、パスミスやミスコミュニケーションから機会を活かせず。前半はスコアレスで折り返した。

後半は両チームゴール前に迫る回数が増えていく。すると62分、メルボルンVが先制に成功。右からのクロスにトイヴォネンが頭で合わせると、一度GKに弾かれたもののバルバルセスが押し込みネットを揺らした。

リードを手にしたメルボルンVは、相手の攻撃に耐えながらもチャンスを作る。75分過ぎには本田のFKから2度チャンスが生まれる。すると81分、メルボルンが追加点。ボックス内でのワンツーでフリーとなったトイヴォネンが、冷静にGKとの一対一を制した。

その後は両者ヒートアップする場面もあったが、スコアは動かず。横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督も見守る中、メルボルンVは5連勝を達成。勝ち点を15に伸ばし、パース・グロウリーをかわして暫定首位に浮上した。

次節、メルボルン・ビクトリーは敵地でブリスベン・ロアーと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年12月08日 20:53
    • ID:702jsQ.N0
    • 結構チームとしても苦戦してた印象だったなー
      攻撃でいえば相手の方がいい感じで攻めてたけど、上手く踏ん張って先制点とれたのがでかかった
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年12月08日 21:00
    • ID:UwCgqnq90
    • サムネはどんな場面やw
      槙野したのか?
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年12月09日 00:04
    • ID:ijhP2Kum0
    • 相手チームも全体的によかったけどトイヴォネンの所は勝ててたからなんとかなったな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ