Sponsored Link

東京五輪世代の19歳・安部裕葵がベストヤングプレーヤー賞に!鹿島から歴代最多4人目

1
Jリーグは13日、鹿島アントラーズFW安部裕葵が2018シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」に決定したと発表した。

「ベストヤングプレーヤー賞」は、今季最も活躍した若手選手に贈られる賞で、鹿島からの選出は新人王時代を含めて4人目。歴代最多となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00010018-goal-socc

2018シーズンのベストヤングプレーヤー賞は鹿島FW安部裕葵に決定


2
受賞にあたり安部は「ベストヤングプレーヤー賞に選んでいただきありがとうございます。この賞は自分ひとりの力ではなく、チーム、先輩方、そして関係者の皆さまが僕をサポートしてくれたので受賞できたと思っています。僕をずっと支えてくれた家族にも、とても感謝しています」と喜びを表した。

そして「クラブワールドカップ出場のため、Jリーグアウォーズへの参加はできませんが、Jリーグを代表して戦ってきますので、皆さま応援よろしくお願いいたします」と、クラブW杯への声援を呼びかけた。

現在19歳の安部は、広島の瀬戸内高から17年に鹿島へ加入。同年4月1日のJ1第5節・大宮アルディージャ戦でプロ初出場を果たした。プロ入り後4試合目となった天皇杯2回戦のFCマルヤス岡崎戦で、プロ初ゴールを含む2得点を挙げ、強烈なインパクトを残した。リーグ初得点はJ1第19節のヴァンフォーレ甲府戦だった。

今季は開幕から先発出場を果たすなど主力選手として成長。リーグ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、天皇杯のカテゴリーで得点を記録。リーグでは22試合・1得点、全公式戦を含めると37試合で4ゴールをマークした。

また、安部はアンダー世代の日本代表でもコンスタントに活躍。10月から11月にかけて行われたAFC U-19選手権では10番を背負い、3試合に出場。チームの4強進出に大きく貢献した。

鹿島は12日に開幕したFIFAクラブワールドカップに出場するため、18日の年間表彰式「Jリーグアウォーズ」を欠席するが、負傷によりUAEに帯同していないFW鈴木優磨とMF三竿健斗が出席する予定となっている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年12月13日 23:14
    • ID:x6BpK17o0
    • え?杉岡か橋岡じゃないの?
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年12月13日 23:24
    • ID:1nPXM24d0
    • ACL出たし妥当なんじゃね?
      まあこの手の賞って取れたらいいねぐらいのもんだし本人らも大して気にしてないやろ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年12月13日 23:48
    • ID:fK.YCamK0
    • acl優勝チームのレギュラーで10代の選手って初めてだろ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年12月14日 01:22
    • ID:fMUTMb3l0
    • 次の鹿島の10番を付ける選手は間違いなく彼だ。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年12月14日 09:58
    • ID:A51j3MzP0
    • 出場時間数とか、攻撃の選手なのに数字が…と考えると橋岡じゃないの?とは思った。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ