Sponsored Link

「欧州で最もトロフィーを獲得した7大スター」 メッシやイニエスタを上回ったのは?

1
全てのプロサッカー選手は、優勝を追い求めてプレーしている。しかし、多くのタイトルを獲得する者もいれば、ほとんど手にすることなくキャリアを終えてしまう者もいる。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、「ヨーロッパのクラブで最も多くのトロフィーを獲得した7人のスーパースター」を発表。昨季からJ1ヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらが紹介されている。

まずはバルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケだ。彼がこれまでクラブチームで手にしたトロフィーは計31個。うち27個を2008年からプレーするバルセロナで獲得しているが、直近10年ではリーガ・エスパニョーラを7回制覇。コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)とスペイン・スーペルコパも6度ずつ制した。またマンチェスター・ユナイテッド時代を含めて4度のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝を記録している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00159578-soccermzw-socc

バルセロナに在籍歴のある選手が7人中6人ランクイン


2
ピケと並ぶ31個のトロフィーを獲得しているのが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(LAギャラクシー)だ。イタリアスキャンダルと言われたカルチョポリのためユベントスでの二つのリーグタイトルは失ったものの、欧州のビッグクラブで数々の優勝を経験。自身2つ目のクラブであるアヤックスで4個のトロフィーを手にすると、その後、イタリアやスペイン、イングランドでも数々のタイトルに恵まれた。そんな彼が最も多くのタイトルを手にしたのは、パリ・サンジェルマン(PSG/2012~16年)時代だ。フランスでの4年でリーグ優勝4回を含む、12のタイトルを獲得している。ただ、そんなカリスマストライカーも意外なことにCL優勝だけは一度もしていない。

32個のトロフィーを獲得した選手は2人いる。1人は元ブラジル代表DFマクスウェル。他の選手たちと比較すると、知名度では劣るかもしれないが、アヤックス、インテル、バルセロナ、パリ・サンジェルマンと欧州を代表する数々の名門クラブで不可欠なサイドバックとして活躍した。

そしてもう1人が、現在はJ1リーグの神戸でプレーするイニエスタだ。2017-18シーズンまで所属したバルセロナで、9つのリーグタイトルに加えて、6度のコパ・デル・レイ、8度のスペイン・スーペルコパ、4度のCL制覇と2度の欧州スーパーカップ優勝、さらに3度のFIFAクラブワールドカップ制覇に貢献。堂々のランクインとなっている。

イニエスタを抜いて3位に入ったのはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。昨季までイニエスタと全く同じ数のタイトル数を誇っていたが、今季初めにスペイン・スーペルコパを制したために一つ多い33個のトロフィーを獲得している。

メッシを上回るのは、獲得トロフィー35個で2人いる。1人は現在PSGでタイトルを獲り続けているブラジル代表DFダニエウ・アウベスだ。バルセロナで23個のトロフィーを手にしたサイド職人は、その他にセビージャやユベントスでも優勝を経験。PSGではこれまで5つのタイトルを獲得しており、現役選手では最多となる35度の優勝に立ち会っている。

ダニエウ・アウベスと並んだのが元ウェールズ代表MFライアン・ギグスだ。今回の7人のなかで、唯一バルセロナでプレーしていないアタッカーは、名将アレックス・ファーガソンの下、マンチェスター・ユナイテッドで13度のリーグ制覇を含む35個のトロフィーを獲得。欧州のクラブレベルで最も成功したサッカー選手と言って過言ではないだろう。
3
すでに現役を退いたギグスやマクスウェル、欧州を離れたイニエスタ、イブラヒモビッチがこの記録を伸ばすことは難しいかもしれない。それでもピケやメッシ、ダニエル・アウベスにはギグスの記録を上回る可能性もある。彼らが引退する時、一体いくつのトロフィーを獲得しているのだろうか。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ