Sponsored Link

「流した汗は嘘をつかない」は嘘…来日6年の伊指導者が語る、日本の育成論の間違い

1
ACミランアカデミー千葉佐倉のテクニカル・ディレクターを務めるルカ・モネーゼは、明快に言い切った。

「やればやるほど上手くなる。こうしたトレーニングに対する認識は間違っています。UEFA(欧州サッカー連盟)には、科学的な根拠に即して、心理学、栄養学なども含めて様々な見地から、成長過程の選手たちに適したトレーニングの研究を進めている人間がたくさんいます。限界を超えたトレーニングは、パフォーマンスを落とすだけではなく、テクニックもレベルも下げてしまう危険を孕んでいます。トレーニングで重要なのは“何をやったか”であり、“どれだけやったか”ではありません」

日本では「流した汗は嘘をつかない」などの格言が、まるで名選手への近道であるかのように信じられている。だがモネーゼは「そもそも誰にも当てはまる育成の正解などありません」と断じる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00048471-theanswer-socc

育成とは多様な可能性を探り出す作業「誰にでも当てはまる正解はない」


2
「日本の人たちは、成功した選手たちがどんな足跡を辿ってきたのかを探るのが好きですよね。でもイタリアでは、そういう話に興味を持たれません。誰かのようになりたいのではなく、みんな自分が一番になりたいと考えるからです」

確かに日本では、成功のサンプルから逆算して、だから何歳までにこれができなければならないと急ぐ指導者が少なくない。

「しかし人間は、何歳になっても成長する可能性を持っているんです。それにサッカーには、いろんなポジションがあります。そしてそれぞれが適性も異なります。日本ではボール扱いを重視する傾向がありますが、例えばイタリアにジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)というディフェンダーがいます。おそらく彼はリフティングをやらせれば、とてもおぼつかないと思いますよ。でも今では世界のトップレベルと認識されています」

つまり育成とは、多様な可能性を探りながら、個々に即した成長を探り出す作業になる。

「イタリア連盟は、可能な限り多くのチームを作るように促しています。なるべく選手たちを分散させ、個々のプレー機会を増やすための施策です。日本のように同じチームに何十人、何百人も選手が在籍していたのでは、育成の効率が確保できません。所属する選手の数が限られていれば、BチームやCチームの試合もなく、自分の試合を終えた選手はすぐに帰れるわけです。強いチームに行けば上手くなるというのは、トレーニングをやればやるほど上手くなるのと同様に誤っていると思いますよ」

モネーゼは、日本の可能性を信じる指導者の一人だ。だが6年間も育成の現場に立ち続けたからこそ、見えてきた課題もある。

「サッカーを始めた頃は、日本でもイタリアでも、子供たちはみんな積極的にいろんなことにチャレンジしようとするんです。でも日本では小学生になってチームの活動が始まると、この傾向が薄れていきます。テクニックはミスするのが難しいほどのレベルに到達するのですが、逆に予測しやすいプレーばかりになっていく。残念ながらJリーグにも、その傾向は表れています」
3
日本サッカー界にとっては耳の痛い声かもしれないが、どれも鋭く的を射ていた。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:05
    • ID:V.j3Ll0o0
    • 取り残されたイタリアなんかに
      学ぶことなんかねーわな。
      お前らこそ育成できてねーくせに
      名に上から目線で語ってんの?
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:10
    • ID:4.C6LumD0
    • 一理あるかもしれんが説得力ないわなイタリアがあんなザマじゃ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:13
    • ID:Rz.rPy6J0
    • 努力が必ず報われたら皆んな人生ハッピーだわ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:18
    • ID:aY0heQj70
    • そうか、なるほど!
      CB吉田に足元の技術を求めることが間違いやったんや(白目)
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:23
    • ID:LT.3o09F0
    • ACミランってのがまたw
      汗をながし続けた人間をスケープゴートにして叩いて追い出して、その後も低迷し続けてるしね
      とは言え、ほぼ同意
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:24
    • ID:6q9nChyk0
    • 根性と科学。
      要はバランスが大事って事よ。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:29
    • ID:OipLLbbO0
    • 日本の人たちは、成功した選手たちがどんな足跡を辿ってきたのかを探るのが好きですよね

      この部分は同意出来る
      この手の番組糞ほどつまらんし嫌いだわ
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:35
    • ID:Vr9H9fac0
    • 心理学と経済学は無意味な学問ですわ
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:35
    • ID:gWgXgH.30
    • このアカデミーから良い選手がどんどん排出されてくればわかるんだけど
      実際どうなの?
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:37
    • ID:g.Bbkyf40
    • ※4は何を見ているんだ?
      吉田は左右両足でフィードできる貴重なCBだよ。CBに起点を求める現代サッカーの先駆け的存在。超一流ではないとしても。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:37
    • ID:st4FsO3s0
    • 大した努力もしてない人間が喚いとるな
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:40
    • ID:g.Bbkyf40
    • 少なくとも日本の育成から揃いも揃ってポジショニングの視点が欠けていることが海外に出る日本人選手の欠点になっていることは確か。
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:42
    • ID:M6MVrrCt0
    • 少なくとも年齢と肉体のピークに相関関係はあって、だから何歳までにこれできないと(時間的に間に合わない)というのはある
      無い。常に可能性は無限大!みたいに言うならなんでみんな引退してってんだよ
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:47
    • ID:FmEfbX.Q0
    • 米10の文盲っぷりよ
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:51
    • ID:DsiGwBBV0
    • >>13
      育成とプロの話をごっちゃにして何を語ってんだよw
    • 16
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:51
    • ID:g.Bbkyf40
    • ※14は反論できない時の典型的な返し
    • 17
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 14:59
    • ID:UMM.52lX0
    • ※13
      制限時間があるからこそ可能性が大事って話だろ?そこは流石に読み取れよ
      時間が有限だからこそ常に可能性を探れっていうのは何も間違ってない
    • 18
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:02
    • ID:69AFlZen0
    • 的を得ている一面もあるけど・・
      じゃあ今のイタリアの代表チームの酷さと
      良い選手がいっこうに出てこない、
      今のイタリアの育成はどうなんだ?
      という視点も付け加えてくれないとな
    • 19
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:03
    • ID:6AIXfLfc0
    • ていうかこの"日本人の指導者は~"ていうことそのものがステレオタイプだよなー
      今の小中高生は限界を越えたトレーニングなんかそもそもしないし、そんな指導者いたとしても日本はクラブチーム主体なんだから簡単にチーム替えするだけだからな。
      それと勝つために走り込むっていうのもありだと思う、なぜかバルサ流でフィジトレは意味ないみたいなやつが増えたけどチームごとにやるサッカーは違うから批判するなと思う。
      もちろんケガするまでとか根性論じゃなくてね
    • 20
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:03
    • ID:cdAxPexq0
    • 学生時代強豪校と言われるところでやってたけど内容に関してはほぼ同意するなあ。根性論で夏場炎天下での練習で壊される奴居たし、いつまでも自主練で居残りする奴が正義みたいな風潮あったし、指導者の好き嫌いでB,Cチームに才能ある選手がおいやられてそのままやめてしまったり。
    • 21
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:06
    • ID:69AFlZen0
    • ※20
      今の強豪校は、そんな無意味なことやってないよ
      勝てなくなるし、選手が集まらなくなるから
      思ったより科学的なことやってるチームの方が多くなってるよ
    • 22
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:08
    • ID:A2dnFC1W0
    • この人やリージョみたいに外国人たちの中で、日本の広く使われてる言葉や格言なんかを取り上げて
      その意味合いや考え方を否定する場面がよく見られるけど
      それらの言葉や格言っていうのは、あくまで人の心に留め置くと良い道標のようなものであって
      日本人のすべてがそれを体現しいないといかんっていうようなものではないんだから
      それを取り上げて語ること自体がおかしいと思うんだが
    • 23
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:12
    • ID:wFdDXlnn0
    • A代表じゃ結果出てないけど、イタリアは良い若手色々出て来てるぞ。
      そん中でもミランの下部組織はかなり輩出してる方だし。
    • 24
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:13
    • ID:cdAxPexq0
    • >>21
      まあ10年前くらいの話だから変わってきてるのは素晴らしいことだよね。これからそういう改革の成果が見えてくると嬉しいな。
    • 25
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:47
    • ID:yq6ijqAc0
    • 日本に比べたらとてつもない成功をしてるんだから、こちら側は言えたもんじゃないだろう。
      学びつづけることが大事だよ、日本はまだ発展途上なんだから何言ってんだばかで終わらしてたら先はない。試すことにマイナスはない。
    • 26
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:48
    • ID:8GyjkWca0
    • 1つの方法論だし実際に日本の現場で検証しながら取り組んでいて頭が下がりますね
      ケチつけるだけの奴らより余程日本サッカー界に貢献してる
    • 27
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 15:56
    • ID:BM.SHH8L0
    • 常に広い視野で学び続けることが大事なんだな
    • 28
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 16:04
    • ID:42zsZ2wr0
    • 落ちぶれたミラノにあるチームで言ってることを実践してどうぞ。
      イタリア人はそのメソッドで近年W杯にさえ出れなくなっていることを自覚した方がよいよ。
    • 29
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 16:05
    • ID:fxijNo0f0
    • 日本は裾野から明らかに強くなってるからな。こういう戯言は参考意見として聞いておればいい。
    • 30
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 16:26
    • ID:b2YFx9jT0
    • たかだかベスト16に数回入った程度で随分偉くなったもんだ
    • 31
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 16:28
    • ID:cY3wtLQ50
    • 日本より欧州の方が過酷な生存競争に選手を晒してると思うんだが
    • 32
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 16:38
    • ID:H6owcrI20
    • この人が言ってる日本の指導によって育成された典型が浅野のような気がする。ボール受ける前からやることが簡単に予測できる。意外性ゼロ。
    • 33
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 16:38
    • ID:b2YFx9jT0
    • 日本の一番駄目な所は内容の吟味もせずにお前が言うなだなんだと生産性皆無のマウント取り合戦やって悦に入ってる所だな
    • 35
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 17:06
    • ID:RfMoASDT0
    • 日本社会に根性論が蔓延してるのは事実
      効率よくパパっと仕事片付けて定時前に上がると白い目で見られる
      逆にダラダラ時間かけて夜中まで残業して次の日コンディション最悪なまましんどそうに仕事してると頑張ってる根性あると褒められる
    • 36
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 17:59
    • ID:LsUNQ1fi0
    • なるほど何もかもやり過ぎても、やらな過ぎてもここのコメ欄みたいな連中になるのか(クソデカブーメラン)
    • 37
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 18:32
    • ID:DfohoFI.0
    • この話わかるわ
    • 38
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 18:41
    • ID:NqxOr3Xh0
    • いい加減根性論精神論から脱却してクレバーにいこうな
    • 39
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 18:57
    • ID:OKdbTHuV0
    • イタリアの低迷は移民選手が少ないからなんだろうな。
      バロテッリみたいなの珍しいし。
      フランスイングランドはアフリカ系、ドイツは東欧やトルコ系。
      スペインはほぼ自国の選手だけでやれてる。
    • 40
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 20:00
    • ID:v6yY9hVo0
    • イタリアから教育について学びたくないなぁ(笑)
    • 41
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月09日 20:01
    • ID:v6yY9hVo0
    • 努力が全て報われるとは限らないが、成功した人間はすべからく努力ひてる
      つまり報われない奴は努力と運が足りない
      これに尽きる
    • 42
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月10日 12:17
    • ID:8eiS5Dv20
    • >>23
      だからよ、その期待の若手はさ
      国際舞台で活躍してんの?
      他国のルーキーはCLやA代表で
      結果出してるけどさ
      イタリアの若手ってさ肝心の
      国際舞台で活躍してないじゃん。
      セリエで名上げても20年前なら
      いざ知らず、今時誰も評価なんて
      しねーんだよ。
      イタリアファンはいい加減現実を直視しろや。
    • 43
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月10日 12:36
    • ID:rR9cOa4o0
    • コメ欄に批判が溢れてるの見ると、いかに根性論と言うか流した汗は裏切らない論が蔓延してるのかってのが良く分かるよな。
      いい加減、現実を直視しろや、って言うけど、その前に日本の現実を直視しないと。
      イタリアだろうがイングランドだろうがスペインだろうが、強いチームの良い所をもっとどん欲に吸収してかないとダメでしょ。
    • 44
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月10日 13:41
    • ID:4cSZRn6o0
    • モレーゼは「それぞれの特徴に見合った適切なトレーニングをしろ」と言っているだけで、
      「「流した汗は嘘をつかない」は嘘」などとは、一言も言っていない。

      〝日本では「流した汗は嘘をつかない」などの格言が、まるで名選手への近道であるかのように信じられている。〟この文章は、記者の加部究氏が挿入した文章。
      そして、記事のタイトルは、「「流した汗は嘘をつかない」は嘘」。

      職業倫理上、どうなの? ジャーナリストとして、やっていい事なの?
    • 45
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月11日 14:51
    • ID:074zO2o30
    • 本来「流した汗は嘘をつかない」の意味って無理な限界以上の努力で流した汗というより
      継続的な地道な日々の努力で流してきた汗って意味だと思うんだけど
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ