Sponsored Link

“無所属”のモウリーニョ、監督復帰に意欲 「引退には若すぎる」「トップにふさわしい」

1
昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドの監督を辞任したジョゼ・モウリーニョ氏は、現在フリーの身となっている。しかし、引退を考えるには「まだ若すぎる」と現場復帰へエネルギーをみなぎらせているようだ。英公共放送「BBC」が伝えている。

モウリーニョ氏は衛星放送「ビーイン・スポーツ」でアジアカップ・グループリーグ第3戦のカタール代表対サウジアラビア代表の解説者として登場。その時のコメントを引用して、「BBC」がモウリーニョ氏の今後の動向について報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190119-00163263-soccermzw-socc

マンU監督辞任のモウリーニョ氏が解任理由や今後のキャリアについて言及


2
「監督をしたい。私はトップレベルにふさわしく、そうなるつもりだ。(引退には)まだ若すぎる。長い間フットボールに携わっている。来週(26日)には56歳になるが、それでもまだ若すぎる」

ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリードと各国の名門の監督を歴任し、結果を残してきたモウリーニョ氏だが、ユナイテッドではリーグタイトルを獲得できないままクラブを去ることになった。しかし、2017-18シーズンでマンチェスター・シティに次いでリーグ2位で終えたことを誇りに思っているという。

「例えば、マンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグを2位で終えたことを私のキャリアのなかでの最高の仕事のうちの一つだと考えていると言えば、あなたは『25回もタイトルを獲得しているのに、クレイジーなヤツだ』と言うでしょう。しかし、私はこのことを主張し続けている。なぜなら、人々はその舞台裏で何が起こっているのか分からない。我々はしばしばカメラに映っているものとは違う視点で分析している」
3
報道されていることが全てではなく、表に立つ監督や選手以外にも経営者やディレクターなどさまざまな関係者がいて、結果を残すためには表には見えない内部の組織もしっかりしていないといけないと主張。辞任の原因に、一部選手との確執が挙げられていたが、それだけの理由ではないことを暗に訴えていた。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月20日 03:25
    • ID:nAWmrXMl0
    • 選手との確執だけじゃなくフロントとも揉めてたって更に印象悪いやん
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月20日 04:51
    • ID:dev2qSJA0
    • 中堅どころの方がスタイル合いそうだと思う
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月20日 05:33
    • ID:oqsm5tah0
    • 金有るなら、小さいクラブ買って育てろって思うけど
      計画性無さそうなんで、今のまま『やんちゃ監督』でどうぞ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月20日 08:12
    • ID:uiQPaqgX0
    • 過去の栄光にすがる人は同時に今日からの栄光を捨てている 実績は確かに素晴らしいが近年は品性がどんどん失われている
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月20日 11:06
    • ID:F59TwbhO0
    • インテル時代の三冠が完成形でそれ以降戦術面で安定して凄いと感じたのはチェルシー二期目の2年目前半ぐらい

      若手への対応もだけど戦術面でもペップやクロップみたいにアップデートしないとトップレベルには戻れないと思う
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月20日 11:32
    • ID:3FmhxOUJ0
    • うまく行ってないビッグクラブも多いから需要はありそうだけど
      同じ失敗を繰り返しそうだな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ