Sponsored Link

日本代表、イラン戦はキャリアを懸けた大勝負 主将DF吉田「リスクを負って来ている」

1
日本代表は28日のアジアカップ準決勝でイラン代表と対戦する(現地時間18時キックオフ/日本時間23時)。この一戦について「決勝のつもりで戦わないといけない」と固い決意を口にしたのが、キャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)だ。日本代表で戦う選手たちのキャリアが懸かっていると強調した。

グループリーグ3連勝で首位通過を果たした日本は、決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアに1-0、準々決勝でベトナムに1-0と辛勝。5試合すべて1点差と苦戦を強いられながらも着実に歩みを進めてきた。対戦するのは、FIFA(国際サッカー連盟)ランキングで現在アジア圏最高の29位(日本50位)につけるイランだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190128-00166188-soccermzw-socc

アジア杯4強でイランと激突、見据えるのは11年大会以来の優勝のみ


2
現在の“アジア最強国”とも言える難敵を前に、吉田は「決勝のつもりで戦わないといけない」と心構えを口にしている。ここで敗者となればベスト4敗退だが、それはグループリーグ敗退となんら変わらないという姿勢を貫く。見据えるのは2011年大会以来、5度目の優勝のみだ。

「(日本代表の)ヨーロッパの選手もJリーグの選手も、自分のキャリアのリスクを負ってここに来ている」

今大会の日本代表メンバーは、Jクラブの国内組と欧州クラブの海外組に分かれ、それぞれ事情は異なる。「Jリーグはキャンプが始まっているし、僕らもシーズンが続いているなかで来ている」(吉田)。新シーズンに向けてJリーグの各クラブはすでに動き出しており、シーズン真っ只中の欧州リーグは試合が次々と行われている。

選手にとって代表は国のプライドを背負って戦う名誉の舞台である一方、いち選手としては所属クラブでの競争から一時離脱するリスクを背負う。だからこそ吉田は力を込める。「ここで負けてしまえば、予選(グループリーグ)で負けたのと変わりない」と。

「フィジカル的な戦いになるんじゃないかなと。向こうもそこを得意としている。90分、もしくはそれ以上に走り切る覚悟を持って戦わないといけない」
3
激しい肉弾戦や走力戦を想定しながら、日本代表を統率するキャプテンは気を一層引き締めていた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 18:12
    • ID:MDG3DLU10
    • ま、顔長いから今日は大丈夫だろ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 18:17
    • ID:TbpR97DH0
    • お前はとにかくゴール前でバックパス禁止な
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 18:33
    • ID:YEcEByzB0
    • 延長狙ってもいいと思うけど
      それするとまた叩くやつが出てくるんだろな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 18:35
    • ID:fsiUPar50
    • アジアカップの歴史でここまで試合前に絶望感あったことってある?
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 18:38
    • ID:W7.iedEQ0
    • リスクどころかスタメン当落線上の選手多いから大変だろうに…
      代表での戦術実現度や連携はクラブより低いのに、相手は積み重ねあるし辛い試合なるだろうが頑張って欲しいわ
      権田にパスするときは今まで通り利き脚にしてやれよな
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 18:42
    • ID:Su0saCdy0
    • ≫4
      日本サッカーが強くなったのは2000年代に入ってからだからなあ・・・
      ただ、関心を持って見るようになったのもそれくらいからだし、アジアで試合前から悲壮感がある試合ってのも記憶にないかもしれんね
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 18:53
    • ID:fsiUPar50
    • >>6
      ありがとう。やっぱそうだよね。
      今まではどことの試合でも「まあ勝てるやろ」って感じだったけど今回みたいにほぼ無理そうっていうのは無かったね。
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 18:55
    • ID:7G2CrtDO0
    • 権田や後ろの選手とイラン戦では危ないシーンははっきり処理しようって話しをしたらしいし、
      ベトナム戦みたいなのは起きないと願うw
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 19:04
    • ID:bKu05DVv0
    • ※8
      それ当たり前の事じゃないんか?
      むしろ今までそうしてなかったんかい・・・
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 19:18
    • ID:uYEu.ZjP0
    • 残して奪ってカウンターしたいほうが当たり前
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 19:34
    • ID:8hU776Q40
    • ベトナム戦同様ラインしっかり上げてほしい。14番のゴッドスは厄介だけど攻撃は単発に終わると思う。守備が甘い9番のエブラヒミに守備専念させて、ボールに釣られる癖ある2人のCBを前後に自在に振り回したい。だから今日の攻撃は南野と堂安のコンビ次第。
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 19:40
    • ID:sNb7gyEp0
    • >>10
      今回のメンバーでカウンターできそうなのいたっけ…
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 19:49
    • ID:RYZxKUkf0
    • ほんとだよなーありがとうやわ
      頑張れ!日本代表!!!
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 20:07
    • ID:zMNfiOtN0
    • いうて粘れるのが日本、ボロボロにされることはなかろう
      ...と思いたい
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 20:35
    • ID:w.IlOdW00
    • >>4
      2007オシムジャパンの時のオーストラリア戦。
      2006ドイツW杯の悪夢の後の再戦だったからかなり絶望的だったよ。今回はこの時はよりマシ。
      点も先に決められてドン底の所を高原が切り返しフェイント、ズドンで同点、延長PK勝利。
      その後ベスト4でサウジにたしか3-2で負けて、
      3位決定戦も韓国に延長PK羽生が外して負け。
      話それるけどこの大会の高原は日本が待望していたスーパーCFって感じだったなぁ。
      毎試合決めててマジで救世主だった。フランクフルトから浦和行っておかしくなった。
      スター性のあるCFがいつも点決めてくれるチームって楽しいよな。大迫もそうなって欲しいし世界的に見たらまだ覚醒するには間に合う歳。

    • 16
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年01月28日 21:09
    • ID:fsiUPar50
    • >>15
      なるほど、ありがとう。
      あの3-1の後のオーストリアは確かに絶望感あるね。
      今回はタイプ違うけど大迫に期待やね
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ