Sponsored Link

インテルがひと安心のウノゼロ勝利…今年初の勝ち点3を掴み取る

1
[2.9 セリエA第23節 パルマ0-1インテル]

セリエAは9日に第23節を行い、インテルは敵地でパルマと対戦し、1-0で勝利した。

リーグ戦では2連敗中、さらに公式戦では4試合未勝利(3敗1分)と、不調が続く3位インテル。9月15日の第4節では0-1と敗れたパルマに挑んだ。

しかしインテルはパルマの固い守備に阻まれる。逆に、前半21分にはFWジェルビーニョにクロスバー直撃のシュートを放たれるなどピンチを招きながらも、0-0で前半を折り返した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-26995069-gekisaka-socc

インテル、リーグ戦4試合ぶり白星


2
インテルは後半から少しずつ攻撃の形をつくる。後半2分、MFラジャ・ナインゴランがPA右に入り込むが相手GKの飛び出しに阻まれる。同9分には左CKをDFダニーロ・ダンブロージオが押し込むが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりハンドが認められ、ノーゴールとなった。

得点がほしいインテルは後半32分、MFジョアン・マリオに代えてFWラウタロ・マルティネスを投入。するとその2分後に待望のゴールが生まれる。

後半34分、中盤でボールを奪ったインテルはナインゴランがドリブル突破。前線のFWマウロ・イカルディが右にスライドし、空いたスペースにラウタロが走り込んで、ナインゴランのパスを受ける。ラウタロはそのままPA内に入ると、相手DFのプレスを自らの体で阻みながら右足シュート。精度の高い攻撃が炸裂し、ゴールネットを揺らした。

試合は1-0で終了し、インテルは昨年12月29日の第19節・エンポリ戦(〇1-0)以来となる勝ち点3ゲット。解任も囁かれ始めていたルチアーノ・スパレッティ監督も安堵の勝利となった。

次戦、インテルはELでラピッドウィーンと、パルマはリーグ戦でカリアリと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月10日 20:15
    • ID:0uWQndFJ0
    • 前半ほんま酷すぎて吐きそうだった
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月10日 21:41
    • ID:D6085bOB0
    • 冗談抜きに高校サッカーより酷かった ラウタロ入ってようやく形になった
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月10日 23:14
    • ID:fMDir0.t0
    • 決定機を記録的に外し続ける裏抜け専用ストライカー、イカルディ。流れから得点したのは12月頭の試合が最後。
      それでも昇給でチームメイトの2倍以上を要求。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月11日 03:02
    • ID:a5UiPqY90
    • 何になりきってるのか知らんがウノゼロとかキモいよ
      ウノウノとかクアトロドゥエとか言うのか
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ