Sponsored Link

15試合ぶり警告の長谷部は存在感も…フランクフルト、終盤の失点で5試合連続ドロー

1
ブンデスリーガは17日に第22節が行われ、フランクフルトとボルシアMGが対戦した。

後半戦開始後無敗を維持するも、現在公式戦4試合連続引き分け中のフランクフルト。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指す中、ライバルの3位ボルシアMGをホームに迎えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00010001-goal-socc

攻守に存在感放つ


2
長谷部誠が3バックの中央で6試合連続先発出場を果たした一戦で、フランクフルトは前半少し不安定な時間があったものの無失点で切り抜けると、アディショナルタイムにCKのトリックプレーから、最後はこぼれ球をダ・コスタが押し込み先制する。

後半に入っても、長谷部は味方に指示を飛ばしながらビルドアップや守備の局面で存在感を放つ。半ばからはボルシアMGの時間が続き、ゴールに迫るシーンを増やすが、GKトラップを中心にフランクフルトはゴールを許さない。長谷部は66分に相手カウンターを止めて警告を受けた。なお、イエローカードは昨年10月の第7節ホッフェンハイム戦以来15試合ぶり、今季2枚目となった。

相手にボールを握られる時間が続いたが、フランクフルトはレビッチらを中心としたカウンターや、アレをねらったロングパスで相手ゴールを脅かす。シュートに持ち込む場面は増えるものの、枠を捉えず追加点は奪えない時間が続く。

すると82分、ボルシアMGが同点に追いつく。後方からの縦パスを受けたザカリアが後ろ向きでボールを受けると反転。長谷部は2人を見る形となっており、タックルは間に合わず。強烈なミドルシュートがGKトラップの手を弾いてネットに突き刺さった。

終盤に失点を許したフランクフルトは、ヨビッチを入れて攻撃に出るも、勝ち越しゴールは奪えず。1-1のドローで終え、公式戦5試合連続のドローとなった。

次戦、フランクフルトはELでシャフタールと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月18日 06:54
    • ID:iv9dL7Hv0
    • いやー一瞬敵のマーク見逃しちゃったなぁ。途中からキャプテンマーク巻いてたような気がするけど、気負っちゃったかな?
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月18日 07:52
    • ID:VYfJi7Jg0
    • 今さらキャプテンマーク巻いたことによって、気負いましたなんてないだろ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月18日 08:49
    • ID:krbyckgc0
    • 失点シーン長谷部責めるのはちと酷でない?
      ブロック内を漂っていた8番に縦パスが入ったとき、長谷部は14番のマークしてた
      マーク外して潰しに行ってたら、8番は長谷部いなしてボールスルーするだけで14番にボール通っちゃう
      14番へのパスコース切りながら寄せたせいで結果的に逆取られてシュートされてしまったけどね
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月18日 11:16
    • ID:WXgcLn4Y0
    • 相手は上位クラブなのもあるけどやはり対策はどんどん立てられるよね。そしてこれを参考に下位クラブも。

      上位は2ポイント失ってフランクフルトは凌いだ感があっても下位相手だと真逆になるからなぁ。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月18日 15:45
    • ID:CyYI4L5f0
    • 5試合で勝ち点5ォ…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年02月18日 19:00
    • ID:qnzErJ0l0
    • 上位とばっかだったしドローで全然OK
      これから勝ち点しっかり稼げ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ