Sponsored Link

宮市亮、投入後すぐに警告を受けるなど見せ場作れず。チームは3試合ぶりの勝利

1
【ザンクト・パウリ 1-0 インゴルシュタット ブンデスリーガ2部第23節】

ドイツ・ブンデスリーガ2部第23節が現地時間の23日に行われ、FW宮市亮が所属する6位ザンクト・パウリがホームでインゴルシュタットと対戦し、1-0で勝利を収めた。

前節3試合ぶりの先発出場を果たした宮市だったがこの日はベンチスタート。85分からの途中出場となった。

【得点者】
55分 1-0 マイアー(ザンクト・パウリ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00310648-footballc-socc

ザンクト・パウリは3試合ぶりの勝利


2
55分、ザンクト・パウリがセンターライン付近でFKを得ると、素早いリスタート。これがダニエルに渡り、ペナルティエリア外の左まで持ち込むと、中央にグラウンダーのクロス。これをマイアーがダイレクトで合わせ、ザンクト・パウリが先制した。

1点リードのザンクト・パウリが最後のカードを切る。85分に宮市がダーリと代わり、ピッチに投入された。ATも含めると10分と短い時間の出場で、中々ボールに絡むことができなかった。また、86分には相手DFを後ろから倒してしまい、イエローカードをもらっている。

後半ATにインゴルシュタットのロヒャーがこの日2枚目のレッドカードをもらい、退場となるなど少し荒れた試合となった。その後、両チーム得点を奪えず、試合は1-0でザンクト・パウリが勝利を収め、3試合ぶりの勝利となった。

次節、ザンクト・パウリはパダーボルンと対戦する。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ