Sponsored Link

サラー不発も…フィルミーノ2発のリバプール、バーンリー下してCLバイエルン戦へ

1
[3.10 プレミアリーグ第30節 リバプール4-2バーンリー]

リバプールは10日、プレミアリーグ第30節でバーンリーを本拠地アンフィールドに迎え、4-2で勝った。

前節エバートンとの“マージーサイド・ダービー”を引き分け、首位陥落となったリバプール。13日には、アウェーでのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)バイエルン戦を控える中、前線にFWモハメド・サラーとFWロベルト・フィルミーノ、FWサディオ・マネが並び、最終ラインにDFフィルヒル・ファン・ダイクとDFジョエル・マティプが起用されるなど、ほぼフルメンバーで臨んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-36932139-gekisaka-socc

リバプールがホームで17位バーンリーと対戦し、4-2で勝利


2
試合は意外な形で動いた。前半6分、マティプの不用意なバックパスからCKを献上。バーンリーは、左CKからMFアシュリー・ウエストウッドが右足でインスイングのクロスを蹴り込むと、そのまま誰も触ることなく、右サイドネットに吸い込まれた。飛び出そうとしたGKアリソン・ベッカーはMFジャック・コークとDFジェームス・ターコウスキーに挟まれ、身動きが取れず、主審に抗議したが得点は認められた。逆にアリソンは、この抗議により警告を受けた。

それでもリバプールは前半19分、大きなサイドチェンジからサラーがMFジョルジニオ・ワイナルドゥムのワンツーで右サイド深くまで進入。グラウンダーのクロスを送ると、相手GKとDFが交錯し、中央にこぼれたボールをフィルミーノが難なく左足で押し込み、試合を振り出しに戻した。

これで勢いづくリバプールは前半29分、PA手前でボールを奪われると、相手がクリアしようとしたところへMFアダム・ララナがスライディングでブロック。こぼれたボールにサラーが反応し、PA左からマネが右足シュートをゴール右隅に突き刺し、2-1。一気に逆転に成功した。

後半も優勢に進めるリバプール。後半22分、ゴールキックからGKトム・ヒートンがまさかのキックミス。これを右サイドのハーフェーライン付近で受けたサラーが一気に駆け上がり、PA内でDFチャーリー・テイラーに止められたが、フォローに走っていたフィルミーノが右足で決め、3-1とリードを広げた。直後に、ワイナルドゥムに代えてMFジョーダン・ヘンダーソンを入れた。

後半32分には、ララナに代えてMFナビ・ケイタを投入。体を投げ出して得点に絡むなど、奮闘したララナに対して、スタンディングオベーションが贈られた。37分には、右サイドからDFトレント・アレクサンダー・アーノルドがグラウンダーのクロスを入れ、マネが滑り込みながら左足で合わせたが、惜しくもクロスバーを叩いた。

後半アディショナルタイム1分に1点を返されたリバプールだが、同3分にFWダニエル・スターリッジのパスで抜け出したマネがGKをかわして無人のゴールに流し込み、4-2で勝利。首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を『1』でキープした。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月11日 00:55
    • ID:zZbX1Svb0
    • 最後ヒヤッとしたわw

      1失点目を見過ごすとか審判ありえない!!
      あれがありならセットプレーの度に、皆GKの肩に手かけるわ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月11日 07:46
    • ID:FIQIl1c40
    • バーンリー1点目酷すぎるw
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月11日 09:02
    • ID:d9g5.6oo0
    • 今日のレフェリーはきっと父母会のサッカー知らない人が担当したんだよ

      それにしてもサラーは焦りすぎだよなあ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ