Sponsored Link

冨安らに続き鎌田も代表入り…なぜベルギーは海外組の大量輸出先になったのか?

1
2019年アジアカップ(UAE)を戦った冨安健洋(シントトロイデン)に続き、同じベルギー勢の鎌田大地(シントトロイデン)も3月の日本代表2連戦(22日・コロンビア戦=横浜、26日・ボリビア戦=神戸)のメンバーリストに名を連ねた。

これまで日本代表の海外組と言えば、長谷部誠(フランクフルト)、大迫勇也(ブレーメン)や原口元気(ハノーファー)のいるドイツ、吉田麻也(サウサンプトン)や岡崎慎司(レスター)がプレーするイングランドが中心だったが、ここへきてベルギー勢の台頭が著しい。今季ベルギーリーグ1部では、森岡亮太(シャルルロア)、関根貴大、木下康介、小池裕太(いずれもシントトロイデン)、豊川雄太(オイペン)など合計10人がプレー。日本サッカー界における一大勢力になっているのは間違いない。

2000年代までのベルギーリーグは、日本人にとってそれほど馴染み深いものではなかった。ジュビロ磐田やヴェルディ川崎(現東京V)でプレーした元日本代表の遠藤雅大が2000年にKVメヘレンへ移籍して同リーグ日本人第一号となり、2002年日韓ワールドカップで鈴木隆行が大会直後にゲンクへ赴いて門戸を広げたが、彼らが華々しい活躍を見せられなかったこともあり、続く者はしばらく出なかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190314-00000064-sasahi-socc

スカウトの目に留まりやすいベルギーは非常にいいリーグ…ブレイク前のタレントの宝庫


2
大きな流れを作ったのは、2010年南アフリカワールドカップ直後にリールセに移籍した川島永嗣(ストラスブール)だろう。同大会で日本代表正守護神の座を射止め、日本の16強入りの原動力になった男は当時所属していた川崎フロンターレより年俸の下がるベルギー行きを決断。2シーズンの活躍が認められて同国の強豪、スタンダール・リエージュへとステップアップした。川島のもたらしたインパクトが追い風となり、同じスタンダールに永井謙佑(FC東京)と小野裕二(鳥栖)も参戦。彼らは川島ほどの存在感は示せなかったものの、「日本人はベルギーである程度はやれる」という印象を残したのではないか。

「僕がリールセに行った頃は『レベルの低いベルギーリーグになぜ、わざわざ行くんだ?』というネガティブな見方をされることが多かったですね。でも、欧州内でのステップアップを視野に入れると、スカウトの目に留まりやすいベルギーは非常にいいリーグ。リールセ時代にはケヴィン・デブライネ(マンチェスターC、当時ゲンク)やロメル・ルカク(マンチェスターU、当時アンデルレヒト)、アクセル・ヴィツェル(ドルトムント、当時スタンダール)といった現在のスター選手たちとも対戦経験があります。まさにブレイク前のタレントの宝庫で、僕自身はとてもいい経験になりましたし、挑戦しがいがあるリーグだとも感じた。そんな位置づけは今も変わっていないと思います」と川島はベルギーリーグで戦う重要性を改めて説明していた。

2015年夏にベルギーを離れた川島の後に同国でインパクトを残したのが、久保裕也(ニュルンベルク、当時ヘント)だった。2017年1月に約4億2000万円の移籍金でスイス1部のヤングボーイズから加入した彼はわずか半年間で公式戦2ケタゴールを達成。短期間のゴールラッシュで評価を急上昇させることに成功する。翌17-18シーズンには森岡もポーランド1部のシロンスク・ヴロツワフから加入。半年間でリーグ戦7ゴールをマークし、強豪のアンデルレヒトに買われた。この2人の残した爪痕が深く刻まれたのは間違いない。同時期に動画配信事業やオンラインゲーム事業などを手がける日本企業のDMM.comがシントトロイデンを買収。100%出資で経営権を獲得したこともあり、日本人選手のベルギー大量参戦が実現し、現在に至っているのだ。

かつてオランダが担っていた「欧州のゲートウェー」の役割は今やベルギーに完全にシフト


3
「DMM.comが果たした役割も大きいでしょうけど、ベルギーリーグには外国人枠がないことも重要なポイントです。『ベルギー国内で育成された選手を公式戦に少なくとも6人は登録しなければいけない』というルールはありますが、それを守っていれば外国人は何人保有しても構わない。となれば、ベルギーに日本人選手を送り込もうと考えるエージェントも増えて当然です。川島がフランス、久保がドイツと欧州5大リーグにステップアップしている例もあるように、ベルギーで活躍できれば、より資金力のあるハイレベルなクラブに行く道も開けてくる。チャンスが転がっている点もベルギーの大きな魅力なんだと思います」と海外移籍に詳しい代理人も語っていたが、かつてオランダが担っていた「欧州のゲートウェー」の役割は今やベルギーに完全にシフトしたと言ってもいいだろう。

ベルギーから欧州5大リーグへ飛躍する次なる有力候補者はもちろん冨安だ。カタールに敗れて準優勝に終わった2019年アジアカップで全7試合に出場し、キャプテン・吉田麻也をしのぐ活躍ぶりで「MVP級の働き」と賞賛された弱冠20歳の188センチの大型DFには、イングランドやドイツのクラブが熱視線を送っていると言われる。実際、彼のパフォーマンスの安定ぶりは今季ベルギーリーグでも目を引くレベルで、指揮を執るマーク・ブレイズも「スタメンを決める時、一番最初に名前を書くのは冨安」とメディアに語ったことがあったというくらいだから、いかに絶大な信頼を寄せているか分かるはず。若くて才能あるDFが高い値段で買われれば、シントトロイデンには高額な移籍金がもたらされる。そうやって同国の大半のクラブは経営を成り立たせている。彼らにとっても理想的なシナリオだ。

今回代表入りした鎌田は長谷部のいるフランクフルトからのレンタル移籍組で今夏にはドイツに戻る予定だが、ここまでリーグ12得点という実績があれば、仮にフランクフルトで出番がなかったとしても、他の移籍先が容易に見つかるはずだ。「自分も上のリーグに行くという目標を持って日々戦っている」と鎌田も語気を強めていたが、彼のように他リーグで出場機会を得られなかった選手が復活を期すケースも増えてくるのではないか。
4
日本サッカーのレベルアップ、日本代表強化を考えても、ベルギーの重要性はより高まるはず。今後も同国で戦う面々の動向が大いに気になる。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月14日 18:49
    • ID:GbkxseyZ0
    • Jから直接5大に行けるのが一番なんだけど、やっぱり移籍金をしっかりとってほしいわ
      で、選手引き抜かれたチームはJ1だったらJ2から若手引き抜いてくるとかしてお金も人も循環させてほしい
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月14日 18:49
    • ID:.HsEderc0
    • オランダの次に守備緩いから攻撃はやりやすいし守備陣は鍛えられる
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月14日 19:10
    • ID:.2N0Inl70
    • 今の20代半ばの選手がドイツでこれといった活躍出来なくて主流だったドイツ移籍ルートが細まってしまった
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月14日 19:26
    • ID:asmZ49kS0
    • ※3
      その見方もあるけどブンデスに直接行って速攻で日本人の評価を下げて帰ってくる選手もいる訳だから一段階踏んで欧州に慣れてから四大リーグでも失敗しにくい、活躍できるルートが定着しても良いんじゃないかなとも思う。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月14日 20:14
    • ID:djsqqZLz0
    • ブンデスはテクニカルな選手を自前で育成できるようになったから日本人の需要下がった。他の四大は元々枠がキツくてハードル高い。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月14日 20:18
    • ID:GwRwx2g10
    • もうちょっとベルギーリーグ全体のレベルが上ったら言うことなしなんだが、
      そうするとJからスライドしてスタメン取れる選手が激減しそうなのがな
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月14日 21:52
    • ID:Q00Bm0pA0
    • 黒人選手の多さがJとは段違いだし、4大と比較するとレベルが低いと言えど得られる物が多い
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ