Sponsored Link

森保ジャパン、最新招集23名を「推定市場価格」でランク化

1
3月下旬に行なわれるテストマッチ2連戦(コロンビア戦とボリビア戦)に向け、日本代表メンバー23名が発表された。吉田麻也や大迫勇也など欧州組の多くが招集を見送られるなか、香川真司、昌子源、山口蛍、宇佐美貴史らロシア・ワールドカップで日本中を沸かせた戦士たちが復帰を果たし、鎌田大地、鈴木武蔵ら4名が初招集を受けるなど、予想以上にフレッシュな顔ぶれが揃った。

ここでは、そんな23選手を「推定市場価格」でランキング化。ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が独自のデータ換算によって、世界中のプロフットボーラーを対象に付けている“市場での価値”だ。上位で幅を利かせてきた欧州組がごっそり抜けたため、今回のランキングは実に興味深い並びとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00010000-sdigestw-socc

中島がダントツの1位。 冨安と堂安も急上昇


2
それでも、ダントツの1位に輝いたのは中島翔哉である。今冬に3500万ユーロ(約45億5000万円)の移籍金でポルティモネンセからアル・ドゥハイルに活躍の場を移し、推定市場価格も1800万ユーロ(約23億4000万円)に跳ね上がった。今回は招集外となった武藤嘉紀(ニューカッスル)が日本人選手全体の2位なのだが、その評価額は1000万ユーロ(約13億円)。中島がどれくらい突き抜けているかが分かるだろう。

ただ、“成り上がり度”で負けていないのが冨安健洋と堂安律の東京五輪世代だ。ベルギーの地で飛ぶ鳥を落とす勢いの冨安は、1年前から2500%アップの900万ユーロ(約11億7000万円)で堂々2位に食い込み、かたやフローニンヘンでエースの座に君臨し、森保ジャパンでも重要な役割を担う堂安も1年前から1000%アップの750万ユーロ(約9億7500万円)をマーク。こちらは4位に付けている。

その若武者ふたりに挟まれているのが、3位の香川だ。推定市場価格は2012年6月の2200万ユーロ(約28億6000万円)をピークに少しずつ減退し、昨年10月以降は現在の800万ユーロ(約10億4000万円)のまま。前所属のボルシア・ドルトムントで出場機会に恵まれなかったため致し方ないところだが、今冬にベジタクシュに期限付き移籍してからは好調を維持しており、リーグ戦5試合で3得点・1アシストと結果も残している。

今後のベジクタシュや代表戦での活躍次第では、ふたたび1000万ユーロ台に返り咲いてもなんら不思議ではない。

初招集組では、やはりベルギーでゴールを量産している鎌田の評価が高い。こちらも1年前のフランクフルト時代から3倍増の300万ユーロ(約3億9000万円)に数値を上げ、今回の招集メンバーでは8番目、日本人全体でも15番目に飛躍した。

森保ジャパンに招集された最新23名の「推定市場価格」ランキングは以下の通りだ。

【日本代表・最新メンバー23名 推定市場価格ランキング】
1位(1位) 中島翔哉(アル・ドゥハイル) 1800万ユーロ(約23億4000万円)
2位(3位) 冨安健洋(シント=トロイデン) 900万ユーロ(約11億7000万円)
3位(4位) 香川真司(ベジクタシュ) 800万ユーロ(約10億4000万円)
4位(6位) 堂安 律(フローニンヘン) 750万ユーロ(約9億7500万円)
5位(10位) 乾 貴士(アラベス) 500万ユーロ(約6億5000万円)
5位(10位) 南野拓実(ザルツブルク) 500万ユーロ
7位(13位) 昌子 源(トゥールーズ) 380万ユーロ(約4億9400万円)
8位(15位) 鎌田大地(シント=トロイデン) 300万ユーロ(約3億9000万円)
9位(19位) 柴崎 岳(ヘタフェ) 250万ユーロ(約3億2500万円)
10位(30位) 宇佐美貴史(F・デュッセルドルフ) 200万ユーロ(約2億6000万円)
10位(30位) 山口 蛍(神戸) 200万ユーロ
12位(38位) 小林裕希(ヘーレンフェーン) 175万ユーロ(約2億2750万円)
13位(40位) 西 大伍(神戸) 165万ユーロ(約2億1450万円)
14位(54位) 東口順昭(G大阪) 145万ユーロ(約1億8850万円)
15位(66位) 中村航輔(柏) 130万ユーロ(約1億6900万円)
15位(66位) 三浦弦太(G大阪) 130万ユーロ
17位(72位) 安西幸輝(鹿島) 125万ユーロ(約1億6250万円)
18位(85位) 室屋 成(FC東京) 110万ユーロ(約1億4300万円)
19位(89位) 守田英正(川崎) 100万ユーロ(約1億3000万円)
20位(112位) 佐々木翔(広島) 95万ユーロ(約1億2350万円)
21位(123位) 鈴木武蔵(札幌) 85万ユーロ(約1億1050万円)
22位(151位) シュミット・ダニエル(仙台) 75万ユーロ(約9750万円)
23位(461位) 畠中槙之輔(横浜) 30万ユーロ(約3900万円)
※数値は2019年3月14日現在。カッコ内の順位は全日本人選手内での順位。1ユーロ=約130円で換算。
3
どうしても欧州シーンが中心となるだけに、Jリーグ組の評価は低くなりがちだが、数年前に比べて100万ユーロ超の選手が急増しているのは見逃せないポイントだろう。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月15日 17:35
    • ID:10qJ.AxZ0
    • w意味ある?w
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月15日 17:39
    • ID:QLFlTTHd0
    • ない
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月15日 17:48
    • ID:.KFoWqgH0
    • 終了
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月15日 17:51
    • ID:8rE57dyZ0
    • J組でも1億はつくのな、すげーや。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月15日 18:26
    • ID:wqSZ8FKj0
    • 市場価格に特に意味が無いのにさらにその推定だからな
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月15日 18:32
    • ID:FAaluX310
    • 呪いの刻印を見せつけられてるかのようだ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ