Sponsored Link

「自分に悔しさや歯がゆさがある」 代表復帰の宇佐美が示す、“生き残り”への覚悟

1
森保一監督率いる日本代表は18日、22日のコロンビア戦(日産スタジアム)、26日のボリビア戦(ノエビアスタジアム神戸)に向けて国内合宿をスタートさせた。約9カ月ぶりの代表招集となったMF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)は、自身の立場について「悔しさや歯がゆさがある」と話し、「競争の一番下からスタートしていく立場」と覚悟を滲ませた。

ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表復帰となった宇佐美は、森保体制で初招集。国内合宿初日の18日、チームはランニングなど軽めのメニューをこなしたが、多くの選手たちが引き上げるなか、宇佐美は古巣ガンバ大阪のGK東口順昭、DF三浦弦太とともに笑顔を浮かべながら居残り練習で汗を流した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00177219-soccermzw-socc

ロシアW杯以来の代表復帰は「競争の一番下からスタート」


2
練習後、取材に応じた宇佐美は開口一番に「緊張しています」と報道陣の笑いを誘うと、森保ジャパンについては「僕のポジションに近い、(堂安)律、(中島)翔哉、(南野)拓実の2列目の選手や、若い選手が生き生きとエネルギッシュにプレーしていて、すごく良いサッカーを繰り広げていると、客観的に見させてもらっていました」と印象を語った。

また、現在26歳の宇佐美は世代交代の進むチーム内でも年齢的に上の立場となってきた。その自覚について尋ねられると、自身への悔しさや歯がゆさを口にしつつ、ポジション争いに覚悟を示した。

「自覚と呼べるほどの代表での実績は残していない。年齢的にも中心になってやっていかないといけないが、そうはなれていない自分に悔しさや歯がゆさがあるし、そうなっていかないといけない危機感ももちろんある。代表の中心としてやっていく自覚と言えるように、自分自身プレーで出していかないといけない。競争の一番下からスタートしていく立場だと思っている」
3
宇佐美はプロデビューした当初、日本サッカー界歴代最高の才能を誇る存在として期待されていた。ブンデスリーガと日本代表では難しい時期を過ごすことが多かった“天才”は、森保ジャパンでの活躍を見据えている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月19日 02:19
    • ID:eHgEnfdR0
    • 宇佐美を諦めない
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月19日 02:52
    • ID:km5aXqGX0
    • #宇佐美を諦めない
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月19日 03:09
    • ID:xynONJpr0
    • いえ、間に合ってます^^
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月19日 03:19
    • ID:iO7RnxvN0
    • タカシガンバレタカシ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月19日 04:00
    • ID:1wrEnNnS0
    • ワンチャン南アの大久保枠かな。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月19日 04:50
    • ID:PQdAl2yE0
    • 平常運転=お察し下さい
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月19日 06:33
    • ID:my.7BajM0
    • 悔しいなら真面目に練習しろと
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月19日 07:57
    • ID:XYJ8nnt.0
    • タカシ…お前と戦いたかった
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月19日 08:17
    • ID:O9.nW5Wr0
    • タカシはなんやかんや
      代表生き残りそう
      NMなんとかは恐らく3年後いない
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ