Sponsored Link

停滞続く堂安律と南野拓実、歴代エースも通った“険しい道”をどう切り抜ける?

1
伏兵・カタールに苦杯を喫し、まさかの準優勝に終わった2019年アジアカップ(UAE)から2カ月。森保ジャパンの再出発となった22日のコロンビア戦(日産)で、彼らは0-1の苦杯を喫した。

2018年ロシアワールドカップ16強戦士の香川真司(ベシクタシュ)や昌子源(トゥールーズ)らを満を持して招集したにも関わらず、新体制発足13試合目で初の無得点と攻撃の空回りが目立った。香川にエースナンバー10を譲った中島翔哉(アルドゥハイル)が攻守両面で異彩を放ったのは前向きな材料だったが、アジアカップを主力として戦った南野拓実(ザルツブルク)と堂安律(フローニンゲン)は揃って決め手を欠いた。彼らは2カ月前の大舞台でもゴールという結果を出せずに苦しんだが、悪い流れを断ち切れなかった。

「サコ(大迫勇也=ブレーメン)君にボールが入った時にみんなで前に行くというのを共有しているから、それが今のところはまっているかもしれないですけど……」と堂安が戸惑い気味に語ったように、絶対的1トップ不在というのは確かに大きなマイナス影響があった。それを差し引いても、2人揃って「決めよう決めよう」という気持ちが先に行きすぎて、シュートの精度を欠いてしまっている。そこは認めざるを得ない事実だろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190323-00000008-sasahi-socc

南野や堂安が今、強いられている苦境は「誰もが通る道」と言ってもいいかもしれない


2
ただ、日本代表の若手アタッカーというのは誰もが順調に飛躍していったわけではない。過去の看板選手たちを見ても、中村俊輔(磐田)は98年フランスワールドカップ直前に初招集されながら、A代表デビュー自体が2000年2月のシンガポール戦(マカオ)までずれ込んだ。そのフィリップ・トルシエ監督時代にもご存知の通り、中途半端な存在に位置づけられ、2002年日韓ワールドカップも落選。真のエースと言える存在になったのは、ジーコ時代の20代後半だった。

本田圭佑(メルボルン)にしても、イビチャ・オシム監督時代の2006年に代表初招集されたが、すぐには定着できず、初キャップは岡田武史監督時代の2008年6月のバーレーン戦(埼玉)までズレ込んでいる。その後も岡田監督からは呼んだり呼ばれなかったりが続き、完全にレギュラーを勝ち取ったのは2010年南アフリカワールドカップ直前。その時すでに本田は24~25歳になっていた。

今回30代初参戦となった香川を振り返っても、平成生まれ初の代表選手として19歳でデビューした2008年5月のコートジボワール戦(豊田)から南アワールドカップまでは宙ぶらりんな立場を強いられ、南アにはサポートメンバーとして帯同している。エース級のポジションまで駆け上がったのは2011年アジアカップ(カタール)以降。すでに代表初招集から約3年が経過していた。

こうした例を見ても分かる通り、大半の代表看板アタッカーが若手時代は安定した力を出せずに苦しんできた。20歳のデビュー時からロケットスタートを見せ、29歳で現役引退するまで大黒柱に君臨し続けたのは中田英寿くらい。それは極めて稀有な例なのだ。そういう意味で、南野や堂安が今、強いられている苦境は「誰もが通る道」と言ってもいいかもしれない。この壁をどう乗り越え、本物のエースへとのし上がっていくのか。彼らにはその重要命題が託されているのだ。

課題を直視しながら、いかに這い上がるのか


3
森保ジャパン発足後5戦4ゴールという目覚ましい結果でトップ下のファーストチョイスの座を手にしてきた南野にしてみれば、ゴールが取れなくなったことが一番の懸念材料だろう。所属のザルツブルクでも「目に見える結果を残さなければ試合に出られない」という焦燥感を募らせながらプレーしているが、今回代表に香川が復帰して「ポジションを奪われる」という危機感を強めたはず。その張り詰めたメンタル面が今はマイナスに作用している可能性はある。

コロンビア戦でも前半10分と34分に惜しいシュートを放ったものの、どちらも微妙にコースが外れていた。「日本で最もシュート技術が高い選手の1人」と称される背番号9の精度にわずかな狂いが生じているのも、余裕のなさが一因なのかもしれない。今回のようにトップ下だけでなく、1トップにも起用され、多彩な役割を求められていることも難しさを助長しているのだろう。が、ここで今一度、原点に立ち返ることが肝心だ。新体制スタート時のようなフレッシュな構えで挑んでいけば、自ずから流れが変わっていくはずだ。

堂安の方も「ゴールを決めたい」という強すぎる思いが判断を鈍らせているのは否めない点だ。「自分はもう得点しか考えてない。ただ、それを考えすぎてエールディビジのここ何試合かは少し壁にぶち当たっているところはある。考えるけど考えすぎないようにっていうのが一番難しいところで、今はメンタルも試行錯誤しながらやってます」と本人も今回の代表合宿中にコメントしていたが、代表でも同じ流れを引きずっているのではないか。

「シュートは技術不足。『決めていれば』というシーンはアジアカップから何本もありますし、それは自分の責任」とコロンビア戦で3本の得点機を逃した後にも反省の弁を口にしていた。アジアカップ以降、左足でトラップする癖を分析されてボールを奪われたり、ドリブルで打開し切れずにチャンスをつぶしている場面も見受けられる。こうした課題を直視しながら、いかに這い上がるのか。その打開策は自分自身で見出すしかない。

中村俊輔や香川真司は2004年と2011年のアジアカップ、本田圭佑ならCSKAモスクワへの移籍と、それぞれに飛躍のきっかけはあった。それを南野と堂安がいつつかむのかが肝要だ。26日の次戦・ボリビア戦(神戸)では揃ってスタメンから外れるだろうが、ジョーカー的に起用されることがあり得る。その短時間でゴールへの道筋を見いだせれば、意外と簡単にトンネルから抜け出せるかもしれない。森保ジャパンの停滞感を打破するためにも、中島・南野・堂安のトリオにはつねに躍動していてもらわなければ困る。今後の2人の動向を注視していきたい。
4
日本代表は26日、ノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月23日 21:15
    • ID:.e.Z.OTp0
    • 移籍やな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月23日 21:58
    • ID:hq60ctvR0
    • 4年後にはメンバー代わってるだろ。武藤宇佐美はどうなった?
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月23日 22:30
    • ID:8mEScT.h0
    • 枠内シュート増やせばok
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月23日 23:08
    • ID:HiFEP5U20
    • ※3
      そう思う。枠に飛ばしときゃGKが弾くにしろDFが弾くにしろ次の展開があるし、昨年のウルグアイ戦だって4得点したけど半分はGKが弾いたのを詰めきった結果だった。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月24日 00:07
    • ID:KxYO17iK0
    • そりゃ枠内狙っているだろw
      でも枠内飛ばない
      それは何故か?
      技術的なものなのかメンタル的なものなのか
      いっそ全部サイドキックで狙わせるか?
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月24日 08:56
    • ID:PJKuXu5f0
    • 自分で持っていこうとし始める位置が以前より遠い気がする。
      で、プレーの成功率が下がって焦りが出てきて、状況の良い時に枠外に飛ばす悪循環。
      もう少しだけで良いから丁寧に進めなくちゃダメなんじゃないの。タイトルに出て来る両名は。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年03月24日 11:52
    • ID:fHA2Xr0A0
    • 同あんはともかく南野はまずクラブでスタメン取れなきゃ話にならん。ザルツブルグで何年も無理ならチームのレベルを落とすしかなかろう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ