Sponsored Link

今週のDAZNベストゴールが発表!最高評価はマラドーナを彷彿させる4人抜き弾

1
今週の最高評価は鮮やかな“4人抜き弾”だ。

4月8日、DAZNは公式ツイッターで「DAZN週間スーパーゴール!」を発表。6節で生まれた25ゴールのうちから、6つのゴラッソがピックアップされ、動画とともに公開されている。

柿谷曜一朗(C大阪)の鮮やかなコントロールショット、売り出し中の藤本憲明(大分)が狡猾な動きから捻じ込んだ一撃、柴﨑晃誠(広島)が見舞った目の覚めるようなミドルシュートはいずれもファインゴール。

FC東京vs清水からはふたつのゴールがランクインし、難易度の高いヘッドを冷静に決めた北川航也(清水)、決勝弾となったディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)のループシュートが選出されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190408-00056903-sdigestw-socc

FC東京vs清水からはふたつのゴールがランクイン



甲乙をつけ難い秀逸なゴールが名を連ねたなか、“GOAL OF THE WEEK”に輝いたのはレオ・シルバ(鹿島)だ。

1対1で迎えた名古屋戦の81分、ミドルゾーンでパスを受けたブラジル人MFは、相手に囲まれながらも抜群のコース取りで前進。あれよあれよという間に3人を振り切り、気が付けばゴール前に。最後はGKをかわして、値千金の決勝ゴールをマークした。

1986年のメキシコ・ワールドカップで、マラドーナが決めた5人抜きゴールとまではいかないが、それを彷彿とさせるかのような“4人抜き弾”だった。

鹿島に加入して3年目のレオ・シルバ。今季も中盤の底で攻守をつなぐリンクマンを務め、チームに欠かせない存在だ。この名古屋戦の美弾で2試合連続ゴール。すでに昨季のリーグ戦で挙げた得点数に並ぶなど、攻撃面での貢献も光っている。
2
リーグ戦と並行してアジア・チャンピオンズリーグを戦う過密スケジュールのなか、“中盤の心臓”といえるレオ・シルバのプレーから目が離せない。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月09日 11:43
    • ID:h11J36DC0
    • レオのゴール、ほんと凄いゴールだったな
      スピード無くても緩急とボディフェイント、体の向きと強さであそこまで持っていける好例
      後個人的に柴崎のゴラッソが凄すぎて頭抱えるサロモンソンが可愛いw
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月09日 14:00
    • ID:Fo2FUV.M0
    • レオシルバかと思ったらレオメッシだった
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月09日 16:56
    • ID:CpD4lGt90
    • 磐田の2点目はカミンスキーのアシスト含めればスーパーゴールだった
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ