Sponsored Link

サラーの強烈ミドル炸裂…リヴァプール、苦手チェルシー下し暫定首位再浮上

1
プレミアリーグ第34節が14日に行われ、リヴァプールとチェルシーが対戦した。

【スコア】
リヴァプール 2-0 チェルシー
【得点者】
1-0 51分 サディオ・マネ(リヴァプール)
2-0 53分 モハメド・サラー(リヴァプール)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00928052-soccerk-socc

強烈なミドルシュート弾を決めたサラー


2
立ち上がりから主導権を握ったホームのリヴァプールは5分、サディオ・マネのクロスにモハメド・サラーがボレーシュートで合わせたが、これはGKケパ・アリサバラガがキャッチした。チェルシーは30分、カウンターからドリブルで駆け上がったウィリアンが左サイドから中央に切れ込み右足を振り抜いたが、シュートは枠を捉えることができなかった。38分にはサラーの折り返しにマネが決定機を迎えたが、シュートはゴール右へと外れた。前半はスコアレスのまま折り返した。

試合が動いたのは51分、ジョーダン・ヘンダーソンのクロスにフリーのマネが頭で押し込み、リヴァプールが先制した。さらに53分には右サイドでボールを受けたサラーが中央へ運んでいくと、ペナルティエリアの外から左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左隅に突き刺さり、リードを2点に広げた。

一方のチェルシーは59分、エメルソンがDFの裏へ浮き玉のパスを送ると、抜け出したエデン・アザールが巧みなトラップからシュートを放ったが、ボールは左ポストを直撃。続く60分にもウィリアンのクロスにアザールが決定機を迎えたがこれはGKアリソンがセーブした。試合はこのまま動かず、タイムアップを迎えた。

本拠地アンフィールドで2012年5月以来のチェルシー戦白星を飾ったリヴァプールは、リーグ戦5連勝を達成し、暫定ながら首位に再浮上。一方、敗れたチェルシーはリーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した。

次節、リヴァプールは21日にアウェイでカーディフと、チェルシーは22日にホームでバーンリーと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月15日 22:02
    • ID:XRGhESLb0
    • アザールほんとすげえよな
      イグアイン最初から出してれば接戦になったと思う
      あのレベルの選手がなぜベンチだったんだ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ