Sponsored Link

伊東純也がゲンク移籍で驚いたこと。「練習は長く1回1回がきつい」

1
待ち合わせ場所に指定されたゲンクのショッピングモールでウインドウショッピングをしていると「はじめまして」と穏やかな口調で話しかけられた。3月初旬の夕方頃だ。

「何か食べにいきましょうか?」伊東純也が発した。

時計を見ると夕飯時だ。伊東はあまり冗舌ではないと聞いていたので、食事をしながらざっくばらんに話を聞けたらと思い、その話に乗った。

「基本は日本にいるんですよね?」という問いにうなずくと「では日本食ではないほうが良いですね」と気を遣ってくれて、近くのレストランまで一緒に歩く。

伊東純也が所属するベルギーリーグのゲンクはレギュラーシーズンを1位で終え、現在、上位6チームで順位を決定させるプレーオフ1を戦っている真っただ中だ。プレーオフ1で優勝したらチャンピオンズリーグに出場できる。

以前には元日本代表の鈴木隆行が2002年~2003年までゲンクに所属していた。ゲンクには日系企業も進出しており、日本人が比較的多い街だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190419-00010002-sportiva-socc

ゲンクでの存在感が日に日に増している伊東純也


3
伊東にとって初の海外リーグでのプレーとなる。日本代表として海外で戦ってきた経験はあるものの、日本人ひとりでチームに入っていくにあたり、戸惑うことが多かった。

「言葉を含めて環境が違うので難しいです。グラウンドも日本とは違うので」

ヨーロッパに移籍した多くの日本人選手に話を聞いたが、グラウンドが圧倒的に違うという。プレーをしていたら自然と筋力がつくほど地面がぬかるんでいるのだ。

「グラウンドは、ぐにゃぐにゃでゆるいので、日本では滅多に履かなかった(スタッドを)取り替え式のスパイクを履いています。日本ではほとんど固定式のスパイクでやっていたので、これも慣れていかないといけません」

練習に合流した当初は、監督やコーチが説明していることもあまりわからなかった。幸いにもそれほど特別な練習はなかったので、見よう見まねで理解していった。

ゲンクのフィリップ・クレマン監督は、ベフェレンの監督をしていた際に森岡亮太(現シャルルロワ)を指揮している。日本人選手のパーソナリティやプレーの特徴も把握しているはずだ。

もともと海外志向があったのだろうか。

「もともとはなかったです。1年目はヴァンフォーレ甲府で、2年目に柏レイソルへ移籍しましたが、レイソルでの2年目くらいから海外からオファーが来たり、代表に選ばれたりしたことがきっかけで、海外を意識するようになりました」

特定の国に行きたいというこだわりも特になかった。漠然と海外リーグを意識はしてきたが、特別な準備はしていなかった。ゲンクへの移籍もギリギリのタイミングで決まったので、ベルギーリーグのことはほとんど何も知らなかった。

「今日は練習後に英会話のレッスンを2時間くらい受けていました。チームが用意してくれた先生に教えてもらっているんです」

いま一番困っているのは言葉だという。それを克服すべく練習と英語の勉強の毎日だ。コミュニケーションがとれなければ、ほしいタイミングでパスも来ない。

日本ではチームメイトや友だちといる時間が多かったが、ゲンクではひとりで過ごすことが多い。寂しさを感じることもある。

「取材などでたまに日本人が来てくれることはあります。あとは友だちがたまに来るくらいです。寂しくないわけではないですが、まあ大丈夫かな。ベルギーには日本人選手が多いしドイツも近いですし」

先日にはシント・トロイデンの遠藤航と一緒にブリュッセルに行った模様が、双方のSNSにあがっていた。

あらかじめ話を聞く前に本人のことを調べていくが、色々なメディアで「ゲンク指揮官、新加入の伊東純也は平均よりわずかに下と評価」と書かれていた。どういうことなのか気になり単刀直入に聞いてみた。

「フィジカルテストをいきなり最初にやって、動いていなかったのでチームの平均の数値より少し下だったんです」

アジアカップが終わってから、少し休んでいた後でのフィジカルテストだったので、きつかったのだ。そのアジアカップでは、試合終盤からの途中出場が多かった。

「出場時間が短かったので、もっと出たいなという気持ちは強かったです。そして、短い時間ながら結果を出したかったです」

これまでに味わったことがないくらい1回1回の練習はきついです。結構走るし、練習時間が長い


2
悔しさを抱えながらゲンクへ加入した。デビュー戦は2月21日に行なわれたヨーロッパリーグの決勝トーナメント1回戦。スタメンでフル出場したが、スラヴィア・プラハ(チェコ)に1-4で負けた。海外では特に第一印象が重要である。負けるとチームも個人も評価が下がるだろう。

「あれはきつかったです。あそこで勝っていれば印象が全然違いました。デビュー戦での完敗はけっこう大きかったです」

勝って得点やアシストが出来ていたらインパクトを残せただろう。チーム自体の調子が良くなかったのでアンラッキーでもあった。

続くリーグ戦のアントワープ戦では後半17分から出場、シャルルロワ戦では後半21分から出場した。2試合を通じて手ごたえも課題も浮き上がった。

「普通にできる手ごたえは感じましたが、決定機があったので決めないといけません」

得点という結果を出さないといけないという危機感が強いのだ。また、課題もはっきりとしてきた。

「普通に通用する部分はたくさんありましたが、味方にもまだ(自分の)特徴をわかってもらえていないので、自分のほしいタイミングではまだパスが来なかったりするんです」

日本であれば伊東の足の速さなどの特徴をチームメイトは理解しているので、空いているスペースにパスを出したりと、武器を活かしてくれるだろう。だが、移籍したばかりではそううまくいかず、この課題は仲間の理解が得られるまで時間が必要だ。

試合で体感したレベルはどんなものであったのか。

「やれるなという感覚はあります。ただセンターバックは大きくて強く、サイドバックは能力の高い選手が多いです」

特徴をわかってもらい、どんどんパスを出してもらえたら、大きく強いセンターバックの裏をつけるはずだ。伊東ほどの瞬発力やスピードに優るディフェンダーはそう多くはいない。

まだチームへ加入して数週間だったが「試合にも出られているので順調なのでは」と問うと、悔しそうな顔をした。

「試合にも絡めているのでそうとも言えますが、やはり結果を出したいんです」

ゲンクはレギュラーシーズンを首位で終え、強豪なので選手層も厚い。絶対的な地位を築くには、やはり結果を出すことしか方法はない。

ゲンクでは2日に1回くらい、チームメンバー全員でジムに行って筋トレの練習があるという。グラウンドもゆるい上に、当たりも激しいリーグなので筋力が日本にいた時以上に必要となるだろう。さらに普通の練習も日本に比べて負荷をかけられているという。

「これまでに味わったことがないくらい1回1回の練習はきついです。結構走るし、練習時間が長い。日本だったら1~1.5時間で終わりますが、ここではシーズン中でも2時間はみっちりやります。試合前の練習では普通に紅白戦をして負荷をかけるんです。慣れたら自然と強くなると思います」

1回1回の練習後に疲労感はあるが、毎日ハードな練習に励んでいると差が出てくる期待感がある。

「でも、疲労があって休みたい日もありますけどね」

チームメイトにはガーナ、デンマーク、クロアチア、スペイン、コロンビアなど多国籍の選手がいる。

「いろんなタイプの選手とプレー出来るし、足が驚くほど長かったり、間合いなどの違う外国人と日々練習できるのは大きいです。ドリブルもこっちのグラウンドはゆるくてしにくいんですよ。あとは味方からのパスも日本に比べるとかなり適当なんです。こっちがしっかりボールを止めないといけません」

体感したことのないフィジカル能力を活かして挑んで来るディフェンダーとの対峙、ボールを運びにくいグラウンド、適当なパスへの対応のすべてに成長が見込める。

「チャンスを作ることは得意なんで、アシストや得点という形にしたい。結局そこで評価されるので。なるべく早く慣れて落ち着いてやりたい。この前(シャルルロワ戦)もビッグチャンスがあったんです。いい時は落ち着いて決められるので、ゴール前でもう少し落ち着きたい。

Jリーグでも落ち着いているときは得点もアシストも出来ていたので、ひとつ余裕があれば。慣れていない分、少し焦ってしまうし、早く結果を出したい想いもあるので、チャンスが来たら力んじゃうんです。まあ、すべて慣れだと思います」

この日に伊東が発した言葉で一番多かったのが『結果を出したい』という言葉だった。

そして、取材から数日後。伊東は3月17日のリーグ戦(対ズルテ・ワレヘム)で初ゴールを決め、3月30日のプレーオフ(対アンデルレヒト)でも得点を決めた。さらに、4月14日のクラブ・ブリュージュ戦ではアシストを記録。現在、ゲンクはプレーオフ1で首位に立っている。



先発に定着し、国内での評価も徐々に高まってきている。慣れていくにともなって余裕が出てきたのだろう。ベルギーに順応してきた伊東純也に期待せずにはいられない。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 12:32
    • ID:5.6oTIPE0
    • 次のW杯はこの選手にかかってる、期待してる。
      堂安は次の次で良い。というか今のままじゃ水野コース。森保も良い加減見抜いてほしいわ。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 12:37
    • ID:B9F2cHr.0
    • 負荷の多い練習なんだ
      活躍できてるしケガだけが心配
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 12:51
    • ID:r8mHKbw90
    • ※1 さすがにそれはない
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 12:57
    • ID:OG5.0Z3y0
    • 怪我のリスクはあるだろうがやっぱり若い選手は出来るだけ早く海外に行くべきだな。出場機会に恵まれてない間でも心身ともに大きく成長出来ると思う。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 12:59
    • ID:7Yo4lmYp0
    • なるほど、日本のチームも砂浜ドリブルの練習が必要か
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 13:04
    • ID:8vpqRLDU0
    • Jリーグは練習より合コンに力入れてるからな
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 13:35
    • ID:BzYRRRKW0
    • ↑ベルギーリーグの1クラブの話を聞いて世界を知った気になりついでに気晴らしにJリーグにマウント取りたがる人達
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 14:10
    • ID:uTpWG7.o0
    • ※6 同じイケメンでも、
      代表でも、転々とする所属Jチームで結果のでないFWのイケメンSとは偉いちがいやな!
      メッシ、クリロナみたいに、一流は、フォーカスして練習とトレーニングの賜物!!
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 14:52
    • ID:xvdtzwx.0
    • 海外だからっていいって訳じゃないぞ
      ゲンクはいい選択だと思うけど、伊野波の例もある
      ちゃんとリーグの運営やスタイル、クラブの売買方針、スカウトの多さなんかを計算した上で移籍したほうがいい
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 14:58
    • ID:e17qM9NF0
    • とにかくPO1を勝ち抜いてCLを経験して欲しい

      ELとはレベルが違うし、IJのキャリアも変わってくるから
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 15:14
    • ID:ekqEkD.g0
    • 即結果が求められる20代半ばの冬移籍で着実にチームの強みになっていってるのは中々出来ることじゃないよ
      ストロングポイントがあるって素晴らしい
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 15:16
    • ID:uTpWG7.o0
    • ※10 まさしく、同感!!

      練習は、長くきついし、グラウンドもチームワークも
      まったくの別物で、寂しくもあり、苦労ばかりだろうけど、
      結果を出し続けて、CL経験してほしい。

      CLレベルでの活躍が、IJ自身に加えて、
      日本人サッカー選手のキャリアを大きく拓き、
      日本のサッカーレベルを数段上に、確実にあげてくれると思う。
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 16:39
    • ID:edbljfXV0
    • 最初のやりとりイケメンかよ
      いやイケメンか
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 17:08
    • ID:bD6kqyYm0
    • 水野は堂安よりも上手いし速かったよ
      弱かったけど
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月19日 19:59
    • ID:yrBhQYfC0
    • 代表と違ってやりやすそうだな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ