Sponsored Link

モナコ退任のアンリ、米国で監督業に復帰か 古巣NYレッドブルズがオファーと英報道

1
モナコの監督を解任された元フランス代表FWティエリ・アンリが、米MLS(メジャーリーグサッカー)で再出発することになりそうだ。

英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、ニューヨーク・レッドブルズ(NYレッドブルズ)が、新監督のポジションを用意していると伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00184363-soccermzw-socc

2010~14年にプレーしたNYレッドブルズが次期監督として招聘か


2
アンリ氏は2010年から14年までNYレッドブルズでプレーし、135試合で52得点を記録。クラブのグローバルサッカー担当のトップであるオリバー・ミンツラフ氏はロンドンに渡り、契約を締結するという。

選手としては大成功を収めたアンリ氏だが、監督としての最初の仕事はわずか3カ月で終了。古巣のモナコを率いたその期間、わずか5勝しか挙げられなかった。

今シーズン、NYレッドブルズは7試合で1勝しかできておらず東地区のリーグで10位となっている。20日には、ニューイングランド・レボリューションに0-1で敗れていた。
3
選手としてもユベントスで失敗を経験したのち、アーセナルで大成したアンリ。今回も、モナコでの経験を糧に、大きく飛躍できるだろうか。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月23日 10:53
    • ID:NZuxqweZ0
    • 自分の感覚でしか指導できないのは監督向いてないからやめとけって
      すぐキレて選手からめちゃめちゃ嫌われてるし
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ