Sponsored Link

バルセロナ、アレニャー&L・スアレス弾で乾貴士欠場のアラベスに勝利!アトレティコ敗戦すればリーガ連覇決定

1
23日のリーガ・エスパニョーラ第34節、アラベス対バルセロナは2-0でバルセロナの勝利に終わった。アラベスの日本代表MF乾貴士は、負傷によってこの試合を欠場している。

あと勝ち点6を獲得すれば自力優勝を決められるバルセロナは、メッシをベンチに温存。対して、前節バジャドリー戦で右足首をねん挫した乾を招集メンバーに含めなかったアラベスは、5バックを採用してバルセロナの強力な攻撃を抑えようと試みた。

■試合結果
アラベス 0-2 バルセロナ
■得点者
アラベス:なし
バルセロナ:アラニャー(54分)、ルイス・スアレス(60分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00010002-goal-socc

スアレスとアレニャのゴールでバルサが完封勝利を飾る


2
前半、ボールを保持し続けるバルセロナは、アラベスの堅守を時折打ち破ることに成功する。が、ルイス・スアレスの決定機がGKパチェコの好守に阻まれるなど、ゴールネットを揺らすまでには至らず。試合はスコアレスのまま折り返しを迎えた。

バルセロナが待望の先制点を記録したのは、54分のことだった。右サイドから内に切れ込んだセルジ・ロベルトの横パスをL・スアレスがスルーし、これを受け取ったアレニャーがペナルティーエリア内に侵入。左足のシュートでネットを揺らしている。

バルセロナは60分に追加点を獲得。セットプレーからピケがネットを揺らしたが、ユムティティのハンドによってゴールは取り消しに。しかしながら、その場面でミナがハンドを犯していたことでPKを獲得し、キッカーのL・スアレスがこれを決め切った。L・スアレスはこれがリーガ21点目で、ベンゼマと並び得点ランク2位に位置している。

リードを2点に広げたバルベルデ監督は、デンベレとの交代でメッシを投入し、さらにセメドの代わりにジョルディ・アルバもピッチに立たせる。その後バルセロナはメッシ、ビダルが決定機を迎えたが決め切れず、2点差のまま試合終了を迎えてる。

公式ハイライトはこちら→https://youtu.be/32H9GyKWDLE

この結果、首位バルセロナはあと勝ち点3を獲得すれば連覇を果たせることに。また、2位アトレティコ・マドリーが翌日に行われるバレンシア戦を落とした時点で優勝が決定する。その一方、6試合勝利がないなど不調のアラベスは、勝ち点34で暫定8位に位置している。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年04月24日 17:23
    • ID:dhJGjwv70
    • DF5枚置いてボール保持率30%以下で完全カウンター狙いのアラベスから点取れたのはバルベルデの修正のおかげだな。
      前半はコウチーニョとアレニャーのポジションが被っていたのをすぐ修正してスアレスが作ったスペースをうまく利用した。日曜のホームレバンテ戦ではより大胆なTOで勝って優勝を決めてほしいな。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ