Sponsored Link

「疲労というのは頭が生み出すもの」“驚異”の長谷部誠、最終順位より重要に感じるものは?

1
フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠は、もう一度のチャンピオンズリーグ出場への意欲を示すも、それがすべてとは感じていないようだ。地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』で自身の考えを述べた。

ブンデスリーガでは現在4位につけ、ヨーロッパリーグでは準決勝まで勝ち上がっているフランクフルトで、長谷部はリベロとして絶対的な存在感を発揮。35歳にしてキャリアハイのシーズンを送っていると自らも語る大ベテランだが、インタビューで「今年に入ってから公式戦20試合に連続フル出場していることで疲労はないか」と問われると、このように返している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00010022-goal-socc

プロとしての気持ちの持ち方を語る


2
「疲労というのは頭が生み出すもの。メンタリティーや自分たちが掲げる目標が関係してきます。僕たちはチャンピオンズリーグ出場やヨーロッパリーグ(での優勝)など偉大なことを成し遂げるチャンスを迎えています。それら大きな目標を達成するためには、勝者のメンタリティーを持たなければいけません」

「常にハングリーさを感じています。ポカールを制覇しましたし、ブンデスリーガで優勝したこともあります。3回のワールドカップに出場し、日本でも複数のタイトルを手にしました。まだこれからもタイトルを獲得したいです。常に美しいものですからね。そして、チャンピオンズリーグでプレーしたくて仕方がないです。この気持ち、いわゆるハングリー精神が、目標を達成するにあたって欠かせないと思います」

一方で、フランクフルトは27日に行われたブンデスリーガ第31節ヘルタ・ベルリン戦では0-0と勝ち切れず、ここリーグ戦3試合は勝ちなしと失速気味。ヘルタ戦前に応じていたこのインタビューでは、シーズンを「5位や6位で終えることになったら失望するか」と質問され、長谷部は次のように語った。

「失望するのは、僕たちが可能な限りの努力をせず、成功のために最後のところですべてを出し切らなかった場合です。しかし、全力を尽くしながら最終的には5位や6位となったときは、それを大きな成功として受け止めます」

『フランクフルター・ルンドシャウ』の記者には「フェノメノン」(驚異の意)と称され、「報道では主にフランクフルトのアタッカーたちが注目されがちだが、3バックの戦術家、安定のアンカーなしでは今のフランクフルトの成功は絶対に考えられないだろう」とも絶賛される長谷部。ロングインタビューで、プロ選手としての気持ちの持ち方の重要性を強調した。

次戦、フランクフルトは3日にELでチェルシーと、リーグ戦では6日にレバークーゼンと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月01日 02:15
    • ID:PJN5yVh80
    • 長谷部は受け答えするのが上手いなー
      さすがミスチルファン
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月01日 02:32
    • ID:Rd1Fdsh60
    • これはほんとにその通り
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月01日 03:12
    • ID:aUzhlyQA0
    • ミスチルファンわろた

      俺もエセミスチルファンだけど、受け答えめっちゃ下手
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月01日 07:01
    • ID:NBhgx6yQ0
    • 本当につぎ込んでるから、後は結果がついてこれば最高やね
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月01日 07:32
    • ID:BJD.t6ON0
    • 模範解答
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ