Sponsored Link

武藤嘉紀、早くも来季の“リベンジ”に意欲「タフなシーズンでした」

1
ニューカッスルのFW武藤嘉紀が、来季の活躍を誓っている。13日、自身のSNSを更新した。

昨年夏にニューカッスルの一員となった武藤は、イングランド1年目でプレミアリーグ27試合に出場。先発はうち5回で、得点は1つのみだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190513-00321317-footballc-socc

僕にとってはタフなシーズンで、期待どおりにはいきませんでした



プレミアリーグ最終節を終えた翌日、武藤は「シーズンを通しての素晴らしいサポート、本当にありがとうございました」と、英語でファンへの感謝を示した。そして「僕にとってはタフなシーズンで、期待どおりにはいきませんでした。素晴らしいファンの前で、もっと多くのゴールを決めたかったです」と、今季の成績に納得していないことを認めている。

それでも、「来季は自分のベストを尽くし、もっと多くのゴールを決めて貢献したいです。来季も素晴らしいサポーターに会えることを楽しみにしています!」と続け、ニューカッスルでの挑戦を続けることを示唆した。

武藤嘉紀は敵地のフラム戦に後半21分から途中出場…チームは4-0で勝利

シーズン途中から調子を上げたニューカッスルは、13位でシーズンを終えた。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月14日 12:44
    • ID:2Bwh4NWb0
    • そもそもベニテスって延長してくれるの?
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月14日 15:32
    • ID:GQu80kv70
    • アジアカップで離脱してる時期にチームが良い感じになったりしてちょっと運が無かったね
      来期がんば
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月14日 17:56
    • ID:1E8P5Fbn0
    • 覚醒してほしい
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ