Sponsored Link

STVV、日本人選手5人が出場し、今季ラストマッチで6試合ぶりの白星。懸念は遠藤航の負傷交代

1
現地時間5月18日、ベルギーリーグのプレーオフ2(PO2)の第10節(最終節)が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はホームにウェステルローを迎え、2-1で勝利を収めた。

PO2は、レギュラーシーズンの7~15位と2部の3チームを加えた計12チームがA、Bふたつのグループに分かれ、まずは6チームによる総当たり戦が実施される。日程を終えた後、両グループの1位同士が対戦し、勝者にはヨーロッパリーグ(EL)予選の参戦権を賭けたプレーオフ1の4位チームとの対戦権が与えられる。

前節でオーステンデと引き分けたSTVVは、9試合が終了した時点で首位の可能性は無くなっている。負傷者も多く、ホームでの最終節では、遠藤航が3バックのセンターで先発し、冨安は左CB、右CBはイブライマ・ソーリー・サンコンが務めた。トップ下にはクリスティアン・セバジョスが入り、鎌田大地、関根貴大も先発に名を連ねている。木下康介はベンチスタートとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00058776-sdigestw-socc

逆転勝利を収めたシントトロイデン


2
試合は開始からSTVVが主導権を握る展開が続いたが、18分、左CKに合わせてゴール前でジャンプした遠藤が、足に痛みを訴えて負傷交代。急きょFW登録のウォルク・ヤンセンスが投入されて右CBに。サンコンが左へ、冨安がセンターにスライドするという異色の布陣となった。

その後は、STVVが6割以上のポゼッションで鎌田やセバジョス、ヨアン・ボリらがチャンスを創出するも先制は叶わず。なんと43分にはオウンゴールで5戦連続の先制点を、ウェステルローに献上してしまう。

1点リードを許したまま、後半開始からボリ、鎌田らが奮起するが、疲れもあるのか、フィニッシュの精度を欠く。

そこでSTVVは71分、関根に代えて木下を投入。このマルク・ブライス監督の交代策が当たり、活気を取り戻した前線は73分、ヤンセンスが拾ったセカンドボールを、前半でオウンゴールを献上したアレクシス・デ・サールが蹴り込んで同点とする。

78分、76分にボリがエリア内で倒されたプレーがVARによりPKに。しかし、これをジョーダン・ボタカが外してしまう。これにより、STVVは4試合連続で異なる選手がPKを外すという悪循環を止めることができなかった。

それでも攻勢を強めたSTVVは88分、ヤンセンスのグラウンダーのミドルシュートが見事に決まり、勝ち越しに成功する。

STVVはこのまま逆転勝利を収め、今シーズンを締めくくった。今季リーグ戦で鎌田は15ゴールという記録を残している。

また、同PO2Aグループ首位のシャルルロワとオイペンの対戦は、2-0でシャルルロワが勝利。森岡亮太はベンチ入り、豊川雄太は先発出場を果たしている。シャルルロワはヨーロッパリーグ予選参加権をかけて、ファイナルシーズンでPO2B首位のコルトレークと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月19日 18:52
    • ID:YZ0GxPnB0
    • シーズン15ゴールって鎌田すごいな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月20日 20:14
    • ID:ZkTSgP3z0
    • 20ぐらい行きそうだったけどね
      久保と同じ程度の得点能力だとフランク戻ってもブレイクはきついだろうな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ