Sponsored Link

コンテ招へい間近のインテル、ルカクをトップターゲットに…本人はイタリア移籍を「夢」と語る

1
インテルは今夏、トップターゲットとしてベルギー代表FWロメル・ルカクを狙うようだ。イタリア『スカイスポーツ』が伝えている。

最終節を前にセリエAで4位につけ、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すインテル。しかし、今季限りでルチアーノ・スパレッティ監督が退団し、現在フリーのアントニオ・コンテ氏を新指揮官に招へいすることが濃厚となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00010023-goal-socc

ロメル・ルカクとビクター・モーゼスを獲得狙う


2
コンテ氏招へいの発表は間近とも伝えられる中、インテルは新指揮官の望む2選手の獲得を画策しているようだ。『スカイスポーツ』によると、マンチェスター・ユナイテッドFWロメル・ルカクと、チェルシーからフェネルバフチェへローン移籍中のMFビクター・モーゼスを狙っているという。

ルカクは、チェルシー指揮官を務めていた2017年にコンテ氏が獲得を熱望。一時は合意寸前とも伝えられていたが、最終的にはプレミアリーグのライバルクラブへの移籍を選んでいた。しかし、ルカク自身は先日イタリアへの移籍を「夢」と語っており、オーレ・グンナー・スールシャール監督就任後は絶対的なレギュラーとは言えないことから、インテルへ加入する可能性もあると見られている。

一方モーゼスは、コンテ氏がチェルシー監督時代に右ウイングバックとして重宝。2016-17シーズンにはプレミアリーグ34試合に出場し、優勝に貢献していた。しかし、ナイジェリア代表MFは今季マウリツィオ・サッリ監督の下で構想外となり、1月にフェネルバフチェへローン移籍。契約は2020年まで続くため、獲得を目指すのであればフェネルバフチェとのローン契約解除にも動かなければならないようだ。
3
今季前半戦は優勝争いに食い込んでいたものの、後半戦に失速したインテル。来季10シーズンぶりのリーグ優勝へ向け、チームは大きく入れ替わるのかもしれない。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月23日 20:40
    • ID:8WDChiWi0
    • インテルはマジでやる気やな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月23日 20:51
    • ID:M0M5VVVS0
    • セリエAなんて人種差別激しいからやめとけよ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月24日 01:24
    • ID:ztl2VvQf0
    • 人種差別とかヨーロッパならどこでも起きてんだろ。セリエAだけひどいってことはない。プレミアではアジア人バカにされるし、どこも一緒だ。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月24日 05:13
    • ID:79f.4P.e0
    • 弟がラツィオいるから尚更イタリア行きたいんだろ

      人種差別の状況もどんなもんか確認してるだろうし
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年05月24日 17:05
    • ID:GYRY4fhP0
    • >>3 そのヨーロッパの中でもセリエの深刻な人種差別問題をご存知でない?すべてどっちもどっちだと?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ