Sponsored Link

「情けない」「技術が足りない」 W杯初戦ドローのなでしこJ、攻撃陣が吐露した”課題”

1
なでしこジャパン(日本女子代表)は現地時間10日、フランス女子ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦でアルゼンチンと0-0で引き分けた。ボールを完全に支配しながら崩し切れなかったゲームに、特に攻撃陣の選手たちからは課題が口を突いた。

日本は4-4-2システムでスタートすると、1トップを残して4-5のブロックを形成するアルゼンチンの守備に手を焼いた。サイドにボールが入れば複数人で囲まれ、逆サイドへの展開もままならない状況に追い込まれた。

2トップで出場したFW横山久美は「相手がブロックを作ってきて前を向く場面が少なかった。ボールを持っているが、シュートは少なかった。クロスという選択肢もなく、前に入った時のサポートも少なく、バランスよく崩すことはできなかった」とコメント。コンビを組んだFW菅澤優衣香は「ピッチの上で選手たちで修正しなければいけなかった」と、柔軟性を欠いたことを悔やんだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00195326-soccermzw-socc

長谷川は「どこで侵入するかハッキリしなかった」と狙いどころのなさを反省


2
そうしたなか、後半12分には3大会連続出場となるFW岩渕真奈が送り込まれた。前半について「引いてくる相手に、もっと自信を持ってボールを受けて動かせば良いと思って見ていた。外からできるのは見た状況を言うことだけ。伝えてはいました」と言及。時に細かいボールタッチで相手をかわす場面こそあったものの、期待されたゴールに直結するような突破やシュートは見せられず、「とにかく勝ち切らなければいけない試合だった。情けない」と唇を噛んだ。

高倉麻子監督は「攻撃のテンポが上がらない」という言葉を直前の国際親善試合スペイン戦後にも話したが、アルゼンチン戦も同じ言葉を繰り返すことになった。そうした面について、中盤の攻撃的な位置から最後の変化をつけるプレーが期待されるMF長谷川唯は、少し気になる言葉を残している。

「自分たちがボールを持つなかで、どこで侵入するかハッキリしなかった。その練習がたくさんできていないなかで、ゴール前でのアイデアや技術が足りないと感じた。ボランチが少し後ろに落ち過ぎていて、もう少し全体が前に出たいと感じた。後半は相手がもっと下がってしまって、そこで細かい崩しができないと上は目指せない」

最後の崩しの部分に課題を感じながら、その克服に向けたトレーニングが十分でないと選手たちが感じていることが浮き彫りになった。大会がスタートした以上、長い時間をかけてコンビネーションを確立するのは難しいだけに、リーダーシップを取って中心になる選手をハッキリさせる必要もあるのかもしれない。

高倉監督は「大会の中での成長」をキーワードの一つとしているだけに、このアルゼンチン戦を受けてどのような変化をチームが見せられるのか。残り2戦の相手はフィジカル的な強さを持つスコットランドとイングランドなだけに、連動性のあるコンビネーションで最終局面を崩す必要性は大きい。次戦までに崩しの質と共通理解を高める必要に迫られていると言えそうだ。

公式ハイライトはこちら→https://youtu.be/BmjoH1xQBEQ

日本は14日に行われる次戦、グループ第2戦でスコットランドと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 09:26
    • ID:dUw8APLe0
    • 選考がダメ
      戦術は悪くないが理想論、今のメンツじゃ勝ち切れない
      高倉無理
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 09:38
    • ID:3Z4d6MU00
    • このチームは得点力が無さ過ぎる
      それと横山ボール取れらすごだろ!
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 09:38
    • ID:3Z4d6MU00
    • このチームは得点力が無さ過ぎる
      それと横山ボール取れらすぎだろ!
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 09:52
    • ID:.ZyI2MIj0
    • 相手が日本を怖がり過ぎてドン引きしてくれたから良かったけど、
      ぶっちゃけまともに勝負して来たら負けてたんじゃないか
      いくらなんでも下手糞すぎ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 09:57
    • ID:Ej8u.ix80
    • アルヘンがドン引きしてたから仕方がないとはいえ、相手陣内右ハーフレーンでボール保持してる時、ワイドからDFの裏にカットインしてペナ内に侵入した選手にパスを通すプレーとかが少なかった
      総じて相手選手を剥がす動きが上手くできてないから、ゴール前にボール運んでもDFに寄せられててプレーできん状況だったなー
      あと中盤で舵取りできる選手がいないとどうしても厳しい
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 10:02
    • ID:awovcl960
    • そら得点王を嫌いだからって理由で呼ばなかったらそうなるわ
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 10:19
    • ID:Gr.88MFT0
    • 日本は「この目の前のさえ突破すれば」や「この狭い所にパス通せれば」てのがことごとくバイタルで弾き返されてたな。

      後半には鮫ちゃん逆フリーで張ってるのにボランチは態々一旦南を経由のペースダウンしてサイドチェンジしたり、ボール保持できるけど相手に守り易くしてた印象だったな。
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 10:20
    • ID:EYbCXg1T0
    • 田中と川澄は必要だったと思うわ。
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 11:22
    • ID:mjj8cf9Q0
    • ドローでめっちゃアルゼンチン喜んでるな
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 12:09
    • ID:Sv0bVR2k0
    • こんなん始まってたんか
      知りもせんかったわ
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 12:15
    • ID:sT5ZSLC80
    • たしか、選考からして「可能性に賭けた」みたいな言い方だったよね
      大一番の大博打で大ゴケしたってことじゃね
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 12:41
    • ID:oaWYVK6K0
    • 攻撃の戦術がない。無責任にバイタルへ縦パスぽんってだけじゃ苦しいわな。
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 13:00
    • ID:a.uQY4x80
    • 長谷川のコメント見ると、攻撃面での戦術的な練習や約束事が無いのが分かるな。CBやボランチからFWにつける場面でも周囲が反応してないもん。高倉はいつもスイッチスイッチいってるけど、選手で共通認識が持ててない証拠だよ。練習もしてないんだろ?最終ラインの回しもボランチやSBが絡んだ意図的な回しなんて無いし。
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 13:03
    • ID:a.uQY4x80
    • >>12
      チーム戦術もグループ戦術も無いんだよ。攻守ともに約束事が何も無い。
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年06月11日 18:22
    • ID:evrIlGvS0
    • 正直、強豪相手に田中が通用してるの見たことないんだよね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ