Sponsored Link

柴崎岳の新天地!デポルティーボ、2019-20新ユニフォームを発表

1
スペイン2部のデポルティーボ・ラ・コルーニャとキットサプライヤーのMacronは11日、2019-20シーズンに向けたユニフォームを発表した。

クラブは14日、ヘタフェから日本代表MF柴崎岳の獲得を発表。ガリシアの名門クラブのユニフォームを身にまとい、柴崎は1部昇格を目指して戦う。

https://news.livedoor.com/article/detail/16788861/

デポルティーボのホームキットといえば伝統的にブルー/ホワイトの垂直ストライプを使用してきたが、NEWキットはなんとボーダー柄に。驚きの変更と言えるが、これはスタジアムでサポーターが手にするボーダー柄のフラッグへのオマージュだ。


1

背面の首元にはホームタウン名“A Coruña(ア・コルーニャ)”をレタリング。ストライプは腰部分で止めて残りはブルー一色に。胸スポンサーは「Estrella Galicia(ガリシアのビールブランド)」、腰部分は「ABANCA(ガリシア州の銀行)」で継続する。


2

1907年にアルフォンソ13世からレアルの称号を授かったことから、エンブレムには王冠が載る。


3
4

クラブが公開したイメージ写真。これを見れば、今回のデザインがボーダーフラッグをイメージしたことが分かる。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年07月18日 07:21
    • ID:HNS2fQNB0
    • やっぱエンブレム格好良いな。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年07月18日 07:39
    • ID:uf4yBqwc0
    • ストライプの縦横変更は欧州だと案外多いんよね
      ヘルタとかもそうだった
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年07月18日 07:50
    • ID:CnCgBRHP0
    • >>1
      わかる
      もうちょっとエンブレムが映える感じが良かった...
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年07月18日 10:35
    • ID:GGc0.naa0
    • 古風なユニフォームだな。
      青は柴崎よく似合ってるしもはやチームカラーレベルだからよかったな
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年07月18日 11:52
    • ID:fOURRjXX0
    • 柴崎じゃなかったら間違いなく買った
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年07月18日 12:48
    • ID:Mta82LXe0
    • ローカル感醸し出てるな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ