Sponsored Link

守護神パトリシオ大活躍!ウルブズが王者マン・CをPK戦で下して優勝…EL予選に弾み/PLアジアトロフィー

1
プレミアリーグ・アジアトロフィーは20日に決勝戦が行われ、ウォルヴァーハンプトンとマンチェスター・シティが対戦した。

中国で行われている、プレミアリーグ主催のプレシーズン大会。準決勝でニューカッスルを4-0と圧倒したウルブズと、二連覇中の王者マン・Cが激突した。昨季昇格1年目ながら7位と躍進したウルブズは、ヨーロッパリーグ予選を5日後に控える中でネヴェスやモウティーニョ、ジョタら主力メンバーを多数起用。実戦を想定した選手を送り出した。一方、三連覇を狙う中で準備を進めるマン・Cは、スターリングを1トップに起用。デ・ブライネらもスタメン入りし、今夏加入したロドリも2試合連続で先発出場を果たした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00010041-goal-socc

ウルブズが勝利


2
立ち上がりから高いインテンシティでスタートした一戦は、マン・Cがボールを握り、ウルブズが構えてカウンターを狙う展開に。8分、マン・Cはデ・ブライネの高速クロスにスターリングが飛び込んでチャンスを作ると、11分にはデ・ブライネのCKをロドリがフリックし、ラポルトが合わせる。これはGKパトリシオがファインセーブを見せた。その後もマン・Cはデ・ブライネを中心に攻め続ける。13分にはデ・ブライネのスルーパスにスターリングがボックス内に抜け出す。ここはGKパトリシオが飛び出して防いだが、スターリングの膝が顔に接触。治療に時間がかかったが、プレーを続行した。

すると中断明けの20分、マン・Cは裏を取ったサネがPKを獲得。しかし、スターリングのキックは枠を大きく外れていった。前半はスコアレスで折り返す。

後半マン・Cは存在感を放ったデ・ブライネやスターリングらを下げ、D・シルバやB・シウバ、ウォーカーらを投入。後半開始10分間は80%近いポゼッション率を記録し、主導権を握る。60分過ぎにはサネらを下げ、若手選手を投入した。

77分、D・シルバのFKが枠をとらえるが、GKパトリシオがファインセーブ。両チームともチャンスを活かせず、スコアレスのまま90分が終了。PK戦に突入する。両GK共に1本目をセーブし、GKパトリシオはD・シルバのキックもセーブ。結局5本目までもつれ込んだが、GKパトリシオが5人目もセーブ。計3本ストップし、ウルブズにタイトルをもたらした。

この後、マン・Cは香港に移動して傑志体育会と対戦。その後来日し、27日にEUROJAPAN CUP 2019で横浜F・マリノスと対戦する。一方のウルブズは、5日後にヨーロッパリーグ2次予選で北アイルランドのクルセイダーズと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年07月21日 00:44
    • ID:voF2C.Bq0
    • ウルブスおめルイ・パトリシオ神だったな
      それと踏ん張ると芝生が飛ぶ不思議なスタジアムだったなそれにしてもpk外しすぎだけど
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年07月21日 00:58
    • ID:2Nii8s4h0
    • ウルブズはオーナー、監督、代理人の足並み揃ったチーム整備が凄いよなぁ。
      特に代理人のメンデスをアドバイザーにしてお抱えの有能選手を獲得してるのが手堅すぎる。
      そんでオーナーの中国人も有能と来てる。
      来季チェルシーとアーセナルより上位に来そう
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ