Sponsored Link

「良質な日本車」「ミニマリオ」CSKA西村拓真、勝負の2年目

1
12月から2月の冬季中断があるため、欧州各国に先駆けて7月12日に開幕したロシアプレミアリーグ。本田圭佑、巻誠一郎、松井大輔、赤星貴文に続くリーグ5人目の日本人選手、22歳のFW西村拓真(CSKAモスクワ)は勝負の2年目を迎えている。

昨シーズンは12試合に出場し2得点。先発は4試合にとどまり、試合終盤の交代出場が多かったが、限られた時間の中でも状況に応じたポジショニングやパスを引き出す動き出しには光るものがあった。「ロシア語はほとんどしゃべれなくて、英語を勉強しています」「チームメイトは各国代表ばかり。個の力の差を感じた」と語る西村にとって、1年目はとにかく環境に慣れ、自分に足りないものを確認するシーズンとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190813-00010000-fballista-socc

チームがリーグ戦5試合で3勝1分1敗とまずまずのスタートを切った中、西村は開幕節で途中出場するも4バックから3バックへ変更した第2節以降は出番なし。試練を乗り越えチャンスをつかみたい


2
西村を気にかけて頻繁に対話を重ね、一緒に日本料理屋に行ったこともあるというビクトル・ゴンチャレンコ監督は昨シーズン終了後、その高いプロ意識を認めこうコメントを残している。

「タクマは良質な日本車みたいだね。ミニマリオのようでもある。練習好きで誰よりも早く来て、遅くまで残っているし、出番が3分だったとしてもその3分にすべてを懸けている。最初は言葉の問題で戦術理解に苦労したが、今は大丈夫だ。不満を漏らすこともなく、監督の要求を懸命に理解しようとしている」

CSKAは昨年のW杯後に8人もの主力が抜け、チームは大幅な若返りを図った。7シーズン連続のCL出場は逃したものの、4位でEL本戦出場を決め、多くのメディアが「再構築途中の1年目にしては上出来」と評価。クラブにも失望の色はなく、その要因は若きタレントたちの台頭にある。

筆頭は21歳46日で史上最年少リーグ得点王に輝いたFWフョードル・チャロフ。ゴール前でのシュート技術に磨きがかかり、代表でも次世代エース候補として期待されている。複数の欧州クラブからの関心が伝えられているが、よほど好条件のオファーがない限り放出の可能性は低く、西村が狙うのはチャロフとコンビを組むセカンドトップか、2列目となる。

しかし、そこには昨季ブレイクを果たしたライバルがひしめいている。昨年の国内最優秀若手選手に選ばれた21歳のイルザト・アフメトフや21歳のイバン・オブリャコフは万能型で代表定着を狙える逸材だ。エバートンで伸び悩んでいたクロアチアの21歳二コラ・ブラシッチはほとんどの専門家がシーズンベスト11に選ぶ活躍を見せ、クラブは異例の5年の契約延長を提示。アイスランド代表アルノル・シグルズソンやスロベニア代表ヤカ・ビオル(ともに20歳)も西村以上の数字を残した。
3
3年連続で国内最優秀若手選手を輩出しているCSKAでは20代前半の選手たちによる熾烈な競争が繰り広げられている。横一線から誰がより急激な成長曲線を描けるか。ロシアから日本代表を狙う西村の挑戦が始まった。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 14:08
    • ID:7g4gGctK0
    • すげえ、本田以外全然印象にない
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 14:17
    • ID:niA6Hltd0
    • 巻と松井も1年もいなくてそんなに試合出てなかったし得点も0だった
      赤星に関しては1試合出ただけで退団
      実は西村が本田に次いで2番目に試合出てる日本人だったりする
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 14:34
    • ID:ddtFMzLs0
    • 監督の名前見てるとタピオカのみたくなった
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 14:36
    • ID:UnzkGQao0
    • ライバルが強力だね
      しかも、若いから将来性にかけての起用ってアドバンテージも使えないから厳しそう
      地元W杯で勢いに乗った国だから若手はイケイケだろうし
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 14:43
    • ID:PDugfC.x0
    • 同年代のライバルとバチバチ切磋琢磨してくれとるから満足や
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 14:49
    • ID:H.3Tc6hz0
    • CSKAでは厳しいな
      フランスの中下位クラブの方がレギュラーを勝ち取れる可能性が高いだろう
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 15:00
    • ID:XT.hX1eq0
    • どうみてもフランスの中下位でレギュラーの方が厳しい
      そもそも西村は海外自体が向いてないと思ってたわ
      適正ポジはセカンドトップ、日本では170後半と大きい方で体鍛えなくても問題ないけど
      海外行くと小柄で当たり負けが目立ちフィジカルを補うドリブルのスキルの無さがない
      北川とか小林悠とかと同じ系統で完全な地雷
      今はJで点取れて無くても対人スキルの高い若手が海外行って開花してる流れだけどそれと真逆
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 15:20
    • ID:Ul.GBTTG0
    • 流石にビッグクラブなだけあるな。
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 15:26
    • ID:pUxTYrP60
    • HONDAは偉大だった
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 15:27
    • ID:TBmFz4dZ0
    • トルコ行け!
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 15:27
    • ID:NR0Ma5n50
    • ※7
      流石にCSKA舐めすぎ・・と言いたいが今の状況だとフランスの中下位が上なのは確かだな
      ただロシアはかなり難易度は高い。競技レベルも高いがそれ以上にロシア語がきつい
      本田のせいで麻痺するがロシアは代表のレギュラークラスでないと通用しない
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 16:17
    • ID:2spN4lJy0
    • さすがにビッグクラブ系は代表クラスばかりだし
      若手のいいのひっぱってくるね
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 16:43
    • ID:mXK37Fxs0
    • 記事の通り今シーズンが勝負の時だと思う。
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月14日 03:05
    • ID:NezCZ8ju0
    • リーグアンの中下位とゼニトモスクワなら後者の方が良いチームだと思うけど、どのモスクワか、にもよるのかな
      スパルタク、CSKA、ロコモティフには今どれくらいの差があるんだろうか
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ