Sponsored Link

スナイデルが35歳で現役引退を発表…ユトレヒトで第2のキャリアをスタート

1
ロビン・ファン・ペルシ、アリエン・ロッベンに続き、またひとりオランダのレジェンドがユニホームを脱ぐことになった。

現地時間8月12日、元オランダ代表のMFヴェスレイ・スナイデルが現役を引退することを発表した。欧州メディアが一斉に伝えている。

現在35歳のスナイデルは、今年4月にカタールのアル・ガラファでの2シーズン目を終え、その去就が注目されていたが、スパイクを脱いで、オランダ1部のユトレヒトのフロント入りすることを明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190813-00062752-sdigestw-socc

16年に渡るプロキャリアに終止符を打ったスナイデル


2
母国の名門アヤックスの下部組織で育ったスナイデルは、2003年2月に18歳でトップデビュー。洗練されたテクニックと両足から繰り出す高精度のパスを武器に、司令塔として瞬く間に主力へと成長し、5シーズンに渡って活躍した。

07年にレアル・マドリーに引き抜かれると、その後はインテル、ガラタサライ、ニース、そしてアル・ガラファと渡り歩き、6か国でプレーした。

なんと言っても、ハイライトはインテル1年目の09-10シーズンだ。ジョゼ・モウリーニョ監督の下、不動のトップ下として、イタリア初の3冠達成(チャンピオンズ・リーグ、セリエA、コッパ・イタリア)の原動力のひとりとなった。

03年3月にデビューしたオランダ代表でも主軸を担い、同国歴代最多の134キャップを刻み、31ゴールを記録。10年の南アフリカ・ワールドカップでは準優勝に大きく貢献した。

オーナーであるフランス・ファン・シューメレン氏の熱意に打たれ、ユトレヒトで第2の人生をスタートさせることになった名手は、クラブの公式チャンネルを通じて、次のようなコメントを発表している。

「この街にはとても愛着がある。引退した後、自分の経験を共有できる場所が欲しかったんだ。以前からここに来る可能性について話していたけど、いま(正式に)署名した。素晴らしいシーズンになることを楽しみにしているよ」

正式な肩書きは明らかになっていないが、専用のボックス席で毎試合チェックすることになるという。

同世代のファン・ペルシ、ロッベン、ラファエル・ファン・デルファールトらとともにオランイェ(オレンジ軍団)の一時代を築いたスナイデル。その第2のキャリアにエールを送りたい。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 15:57
    • ID:3bvz4oqg0
    • 良い選手だったな。勝負の世界にたらればを持ち込むのは野暮だけど、2010年の決勝でオランダが勝っていたら、今とは少し欧州の勢力図も変わっていたのかと思う。それくらいどちらに転んでもおかしくない試合だった。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月13日 18:57
    • ID:RXI75OjI0
    • 2010年ワールドカップオランダ戦のあの強烈なシュート忘れられんわ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ