Sponsored Link

久保建英の“親友”がレンタル移籍か…スペイン紙「彼らは同じクラブで合流する」

1
MF久保建英(18)と親交の深いレアル・マドリーのウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(20)に、バリャドリー期限付き移籍の可能性が浮上している。スペイン『マルカ』が伝えた。

プレシーズンの親善試合で好パフォーマンスを見せながら、いまだ今季の去就が不透明となっている久保。今月に入り、レアルOBの元ブラジル代表FWロナウド氏が会長を務めるバリャドリーが、レンタルでの獲得を目指していることが報じられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-43470464-gekisaka-socc

MF久保建英とGKアンドリー・ルニンがバリャドリーへ?


この投稿をInstagramで見る

Houston🇺🇸🛫 #HalaMadrid

Andrey_Luninさん(@lunin_andrey)がシェアした投稿 -


そうした中、同世代のルニンも同じクラブに加入する可能性が浮上。同紙は「ルニンは“兄弟”のクボとバリャドリーで合流することができる」とし、2人の関係を伝えている。

記事によると、久保とルニンは北米ツアーへ向かう際に空港で挨拶するまで、お互いのことを知らなかったという。2人は北米での3週間で良好な関係を築き、ツアー中のほとんどの時間を一緒に過ごしていたようだ。

ルニンはウクライナのGK史上最年少となる18歳でA代表デビューを飾った守護神。今年5月から韓国で行われたU-20W杯ではウクライナの初優勝に貢献し、最優秀GKに選出された。昨年夏に母国クラブのゾリャからレアルへ移籍し、2018-19シーズンはレガネスに期限付き移籍。シーズン終了後にレアルへ復帰していた。
3
バリャドリーのロナウド会長はレアルのフロレンティーノ・ペレス会長と太いパイプを持ち、今夏はすでにレアルからDFハビ・サンチェス(22)とMFホルヘ・デ・フルトス(22)の2選手をレンタルで獲得している。久保とルニンも同クラブで武者修行することになるのだろうか。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月14日 08:19
    • ID:UCYcAI1g0
    • 1枚目の画像、映画や漫画に出てくるコンビの殺し屋みたい
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月14日 08:26
    • ID:Z.WiNNHg0
    • バジャドリーSD「現時点では何も無い」
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月14日 08:31
    • ID:rUTyl7.40
    • 今の所ルニンしかアナウンスされてないが
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月14日 09:27
    • ID:qWLxkica0
    • 同じリーグ内だからアレだけどJとシントトロイデンみたいな関係なのかな?
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月14日 09:45
    • ID:pXNoZh4W0
    • これでレンタル6人目獲得3名復帰3名で12名、放出が進んでないので全31名
      ルニンは3人目のGKだから交渉楽だったが、人員整理しないともう増やせないな。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月14日 10:51
    • ID:oplGgmEA0
    • ルニンは試合に出られるところに行った方がいいよな。あれだけのGKをベンチに置いておくのはもったいなさ過ぎる(レアルではそもそもベンチに座るのすら難しいし)。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ