Sponsored Link

リベリにフィオレンティーナSDがラブコール「金銭面でロシアや中東にかなわないが」

1
フィオレンティーナのダニエレ・プラデSD(スポーツディレクター)が18日、インタビューに応じ、元フランス代表MFフランク・リベリにラブコールを送った。イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。

リベリは昨シーズン限りで、2007年から12シーズンにわたって過ごしたバイエルンを退団。サウジアラビアのアル・ナスルやエールディビジのPSV、フィオレンティーナらが新天地候補として伝えられてきた中、ロシアのディナモ・モスクワとスパルタク・モスクワからも重要なオファーが届いており、去就が注目されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00010030-goal-socc

バイエルン・ミュンヘンを退団して無所属のMFフランク・リベリ


2
そんな中、フィオレンティーナのプラデSDは、資金が豊富なロシア勢らの動きを警戒しつつ、改めてリベリへの関心を認めた。

「彼のことが非常に気に入っている。だが彼は現在、(他クラブから)金銭面で非常に重要なオファーを受け取り、検討している段階だ。我々も彼に来て欲しいと思っているが、金銭面において中東やロシアのクラブにかなわない。もし選手として高いレベルでプレーを続けたいのであれば、フィオレンティーナは彼を大歓迎するつもりだ」

フィオレンティーナでは、17年間にわたってクラブを経営してきたデラ・ヴァッレ兄弟が昨シーズン限りで退陣。イタリア系米国人実業家のロッコ・コミッソ氏が新オーナーに就任し、昨シーズンに16位と低迷したチームの復興を目指している。主力のFWフェデリコ・キエーザの慰留に尽力しているほか、ここまでFWケヴィン・プリンス・ボアテング、MFミラン・バデリ、MFエリック・プルガルらを獲得した。
3
続いてリベリの獲得を実現することができるのか、今後の動向は注目されるところだ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ