Sponsored Link

トーレス最後の公開練習「ゴール決めたい」 130人超が見学

1
ゴールで有終の美を-。23日の神戸戦(駅前不動産スタジアム)が引退試合となるJ1サガン鳥栖のFWフェルナンドトーレス(35)が20日、佐賀県鳥栖市内で現役最後の公開練習に臨んだ。

世界的ストライカーはスペイン代表でともに戦ったイニエスタ、ビジャを擁する神戸とのラストマッチに向けて準備万全。18年のプロ人生ラストゲームは、J1残留を目指す鳥栖にとっても非常に重要な試合だけに、多くのファンの前でゴールを決めることを誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00010001-nishispo-socc

笑顔を見せながら練習を楽しむフェルナンドトーレス


2
引退試合が目前となってもフェルナンドトーレスは気負う様子もなく、黙々とトレーニングをこなした。「鳥栖サポーターの前でゴールを決めたい」。昨年8月22日の天皇杯4回戦、神戸戦で来日初ゴール。同じ相手とぶつかる現役最後の一戦での得点を誓った。

20日は神戸戦前最後の公開練習。小雨が降る中、午前9時から130人を超えるサポーターが世界的ストライカーの姿を目に焼き付けようと駆けつけ、真剣なまなざしで練習に見入った。フェルナンドトーレスはゲーム形式の練習でネットを揺らし、状態の良さをアピール。「感謝の気持ちを持って今日も練習した」と約1時間半の練習を振り返った。

スペインの強豪アトレチコ・マドリードの下部組織を経て2001年にプロデビューし、現役生活は18年を超えた。「18年以上サッカーをしてきて世界中のチームからリスペクトされてうれしい」と周囲に感謝し「最後の試合でゴールをできたら、もっとうれしい」と意気込みを新たにした。

J2首位の柏とぶつかった14日の天皇杯3回戦では延長で決勝点を決め、勝利に貢献。現在J1参入プレーオフ圏内の16位にいる鳥栖は、天皇杯を含めて11日のC大阪戦、17日の湘南戦とアウェー3連戦3連勝と波に乗り、ホームのリーグ戦では3試合ぶりとなる勝利を目指す。15位の神戸との勝ち点差はわずか2。世界的ストライカーのラストゲームは、J1残留を目指すチームにとっても極めて重要な一戦だ。

金明輝監督は「(フェルナンドトーレスは)こういうところで(点を)入れられる選手。ホームの声援を後押しにしっかり勝って終わらせたい」と信頼を寄せる。福田主将は「最後に花を持たせてあげたい。フェルナンドのために勝ちたいとみんな思っている」とチームの思いを代弁した。「神の子」の花道を勝利で飾るべく「砂岩魂」で結束していく。

鳥栖対神戸は23日19:30試合開始予定。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月21日 16:56
    • ID:95MXr1nA0
    • 日本ですらベンチって事でこの決断をしたんだろうけど残念だな
      PKでも何でも良いからお膳立てしてほしいが
      今の神戸VS鳥栖だしなぁw
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月21日 17:02
    • ID:fuFE0g6p0
    • 写真の構図と表情が意味深
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月21日 17:02
    • ID:8oU3BYaj0
    • もう今から泣いてる😭
      ありがトーレス
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月21日 19:14
    • ID:OrZevHYl0
    • >>3 早ない?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ