Sponsored Link

“仙台の門番”。シマオ・マテが語る他の国にはないJリーグの大きな魅力

1
シマオ・マテが圧倒的な存在感を放っている。Jリーグ初挑戦ながらベガルタ仙台で守備の柱としてチームをけん引。ディフェンスリーダーとしての地位を確立しつつある。

モザンビーク国籍初のJリーガーはここまでの戦いをどのように感じているいるのか。23日にDAZNで配信された『Jリーグプレビューショー』のインタビューで、日本でのプレーについて語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00010019-goal-socc

ポジションをセンターバックに変更してからはチームは上昇気流に


2
アフリカ南部・モザンビーク出身のシマオ・マテは、これまでギリシャのパナシナイコスやスペインのレバンテでプレーするなど、経験豊富なキャリアを持つ31歳。そんな彼がなぜ日本でのプレーを選択したのか。非常に興味深いところであるが、本人は当初より日本でのプレーを渇望していたという。

「ベガルタが私に日本に来る機会を与えてくれました。数年前からいつかは日本でプレーしたいという気持ちがありました。だから日本に来ることに迷いはありませんでした」

無所属状態だったが、今季仙台に加入すると、第2節の横浜F・マリノス戦で早速先発フル出場を果たす。しかし、チームはシーズン序盤から守備の安定を欠き、第13節終了時点でリーグ2番目に多い23失点。すでに9敗を喫しており、順位も最下位に沈んでいた。

そんなチームを救ったのがシマオ・マテだった。シーズン当初はボランチとして起用されていたが、第14節の名古屋グランパス戦から、センターバックとしてスタメンに定着。すると、名古屋戦の勝利を皮切りに4連勝を記録し、一気に上昇気流に乗った。

シマオ・マテがセンターバックとして出場した試合の平均失点は、9試合で7失点(平均0.77)で、これはその他の14試合27失点(平均1.92)に比べて1得点以上も減少している。仙台が抱えていた問題の改善に導いたのだ。こうした活躍もあり、シマオ・マテは6月のJ1月間MVPを受賞している。

Jリーグは「すごく面白くて難しい」


3
まさにゴール前の門番――。シマオ・マテ本人が大切にしていることは「ポジショニングと集中力、そしてすべての球際で勝つという気持ち」とし、「つねにそれが最後のプレーだという気持ちでやること」を挙げるように、仙台は局面での対人戦に大きなアドバンテージを得た。

シマオ・マテは身長180センチと決して大柄ではないが、彼の最大の武器は球際で当たり負けない強靭なフィジカルだ。

「しっかりと練習をすること。コンディションを保つことが一番です。フィジカルコーチやパーソナルトレーナーを通して強化をするべきだと思います。体のケアとケガの予防をすることが大事だと思います。特に試合がないときこそ、良い準備をするべきだと思います」

レバンテ時代にはレアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウド(現・ユヴェントス)やバルセロナのネイマール(現・PSG)といった世界的プレーヤーと対峙してきたシマオ・マテ。初の挑戦となったJリーグには他の国にはない大きな魅力があるという。

「感動的だと感じています。毎試合が決勝戦のような雰囲気であること。モチベーションも高まりますし、こんなに何が起こるか分からないリーグはありません。毎試合ドラマチックな試合が続いています。相手がどういう戦いをしているのかも興味深いですし、Jリーグはすごく面白くて難しいリーグだと感じています」

また、サポーターの熱気へも称賛の言葉を送る。

「声援を受けることは本当に光栄です。サポーターの応援は私たちの後押しになっていますし、力強い応援をしてくれることは本当に嬉しいですし、感謝をしています。私はベガルタのサポーターが日本一だと思っています」

モザンビーク初のJリーガーとして成功を収めつつあるシマオ・マテ。彼の活躍がJリーグ市場でのアフリカ出身選手への評価を高めるモデルケースとなる可能性も十分にある。

「モザンビークには他にも良い選手がいます。私の後もモザンビークの選手がJリーグに来られるように、私が扉を開けることができていたら嬉しいです。さらにモザンビークだけでなく、アフリカには素晴らしい選手がいるので、もっと多くのアフリカの選手が日本でプレーする日が来てほしいです」
4
直近2試合はFC東京、川崎フロンターレと対戦して勝ち星が得られなかった仙台。次節は24日にホームで湘南ベルマーレと対戦する。シマオ・マテを筆頭とした堅守から3試合ぶりの白星を掴むことができるか。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 17:36
    • ID:VPtOthsB0
    • 喋り方もゆっくりと落ち着いててなんか好感がもてる。というかモザンビークは公用語がポルトガル語なんやね。アフリカだからてっきりフランス語とかかと思ってた。モザンビークの選手これから増えるといいね。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 17:49
    • ID:hKha4KJg0
    • Jレベルじゃない
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 17:50
    • ID:3vswMdMH0
    • アフリカ系の選手はもっと増えてほしいなぁ。
      圧倒的なフィジカルは見てて楽しいし、若手の刺激にもなる。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 17:56
    • ID:aIyYlKOC0
    • アフリカンはもっと増えてほしい
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 18:04
    • ID:sxENSdDL0
    • アフリカ系のフィジカルは本当魅力的
      なんか絵になる
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 18:33
    • ID:ahgWg.9v0
    • 真面目なプロフェッショナルなアフリカ系選手とかほんと最高だよな
      柏のオルンガやウタカ見てもフィットさえすれば活躍度が別格
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 18:39
    • ID:b4VTsQ2B0
    • ウイイレのマスターリーグで使いやすくてお世話になったわまさかJに来るとは思わなかったけどw
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 19:18
    • ID:WLkumQVW0
    • 島尾待て
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 19:24
    • ID:tIeav6PM0
    • めちゃくちゃいい選手。
      リーガでプレーしてたのは伊達じゃない。
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 19:56
    • ID:wHFI9TmZ0
    • 活躍するのうれしいけど、日本の夏の暑さは、どうなんだろうかといつも思う 外国人プレイヤーにとって
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 21:33
    • ID:V82Gp2Uk0
    • ※10
      スーダンやジブチの選手に「日本の夏アフリカより暑すぎ」とか言われたら立ち直れない
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月24日 01:17
    • ID:3SPfbtp60
    • 弥助も信長の下で成功してたし、モザンビーク人は日本と相性いいのかもな。
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月24日 09:20
    • ID:1pvkXHNf0
    • 弥助の子孫
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月27日 07:31
    • ID:Hm1.WRhE0
    • リーガの頃はラフプレーヤーだったのにJリーグではそうでもないのが驚き
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ