Sponsored Link

阪野が恩返し弾!松本が今季初の逆転勝ちで11試合ぶりの白星…浦和は5戦未勝利に

1
明治安田生命J1リーグ第24節が23日に行われ、浦和レッズと松本山雅FCが埼玉スタジアム2002で対戦した。

ともに未勝利が続く両者。浦和は前節、ヴィッセル神戸に0-3で敗れ4試合勝利から見放されている。一方の松本も前節は名古屋グランパスに終了間際、追いつかれて10試合未勝利に。いまいち調子が上がらないだけに、ともにここで勝って勢いづきたいところだ。

浦和は週明けにAFCチャンピオンズリーグ準々決勝で、上海上港とのアウェイ戦を控えており、大槻毅監督はこの一戦で先発を7人変更。主将を務める柏木陽介は約3カ月ぶりのスタメン復帰となるほか、この試合でJ1通算300試合目となる森脇良太らフレッシュな顔ぶれが並んだ。

対する松本は、前節と同じ11人でスタート。とりわけ注目は名古屋戦で復活のゴールを挙げた永井龍。セルジーニョとともに2シャドーの一角に入った。

■試合結果
浦和レッズ 1-2 松本山雅FC
■得点者
浦和:ファブリシオ(19分)
松本:阪野豊史(75分)高橋諒(83分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00010034-goal-socc

松本が浦和相手に今季初の逆転勝ち!11試合ぶりの白星奪取


2
試合が動いたのは19分、森脇の縦パスから橋岡大樹が右サイドを抜け出して中へグラウンダーのクロスを供給。これに走り込んでいたファブリシオがスライディングで押し込み、浦和が先制点を奪った。

先制された松本は、一貫して縦への意識を強め、1トップの阪野豊史がポストとなりボールが収まるものの、その後の展開に繋げられず。決定機を迎えることなく前半を折り返した。

後半に入ると試合はこう着状態となるが75分にスコアが動く。松本は高橋諒が左からクロスを送ると、PA内で阪野が頭で合わせる。シュートは槙野に当たったが、ゴールに吸い込まれ、松本が同点に追いついた。浦和のアカデミー出身、2013年から16年まで過ごした浦和相手に阪野が移籍後初ゴールを決めてみせた。

さらに松本は83分、永井がクロスを送ると、走り込んでいた高橋が右足で合わせて逆転ゴールを奪取。松本はその後、浦和の猛攻をシャットアウト。松本がアウェイで浦和を2-1で下し、5月26日の第13節・名古屋戦以来11試合ぶりの白星を手にした。一方の浦和はこれで連敗。5試合勝利がない状況となった。

次戦、浦和はACLで上海上港と、松本はリーグ戦で大分と対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 21:38
    • ID:ajXVyyAy0
    • 浦和、逝ったのかよw
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 21:41
    • ID:9hcz2jxg0
    • ドローで終わるかとおもてた
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 21:42
    • ID:yqlFKn980
    • アンチが喜びそうな情報は、槙野、森脇、柏木を揃って先発起用したら下位に負けたということ。今日の浦和は半分ターンオーバーだったけど、それで勝てるほどJ1は甘くなかったということだな。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月23日 22:00
    • ID:z3YwzvOp0
    • ヤマトの躍動に感動した
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ