Sponsored Link

C大阪が丸橋のFK弾など2発快勝で6位浮上!磐田は新指揮官の初陣を勝利で飾れず5試合勝利なし…

1
J1リーグは8月24日、各地で24節の6試合を開催。ヤマハスタジアムでは磐田対C大阪の一戦が行なわれ、2-0でC大阪が勝利を収めた。

磐田はスペイン人のフェルナンド・フベロ新監督の初陣に。予想通り4バックのシステムで臨んだ。前節PKで得点を決めている中山仁斗が2トップの一角で先発出場を果たし、ムサエフが約4か月ぶりのリーグ戦出場となった。一方連勝してさらに上位を狙いたいC大阪は、出場停止明けのデサバトが先発出場。ソウザと柿谷曜一朗、新加入の鈴木孝司はベンチスタートとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190824-00063274-sdigestw-socc

磐田は後半攻勢に出るも得点が遠く…


1
最下位脱出のためにも勝って弾みをつけたい磐田だが、序盤からC大阪に圧倒的にボールを握られる厳しい展開に。

C大阪は8分、左サイドの丸橋祐介が仕掛けからグラウンダーのクロスをゴール前に送ると、相手に当たってこぼれ球となる。これに反応した清武弘嗣がフリーでシュートを放つ。一度はGKに弾かれながら再び清武が押し込んだが、これは清武のハンドを取られ、ノーゴールに。

先制点は18分。C大阪がペナルティエリア手前の右でFKを得ると、キッカーの丸橋が左足で巻いた鋭いシュートを放ち、ゴール右に決める。

得点後、さらに勢いに乗るアウェーチームは、サイドへの展開を上手く使い好機をうかがう。すると前半終了間際の45分にも、清武の右サイドへのスルーパスを受けた水沼宏太が切り込み、ゴール前までドリブルで果敢に持ち込む。相手DF2人をシュートモーションで交わすと、落ち着いてゴールに流し込み追加点を挙げる。水沼は今シーズン5点目。

後半は磐田がハーフタイムに荒木大吾と大久保嘉人を投入。この2選手が積極的にボールに関わって起点となり、流れは磐田へと傾く。荒木が右サイドで何度もボールを受けて効果的なクロスを供給し、決定機を作る。

猛攻を受けるC大阪だったが、最後まで粘り強い守備で耐え抜き、2-0で勝ち切った。

この結果、C大阪は2連勝で6位に浮上。磐田は5試合勝利なしと暗闇から抜け出せず。次節、C大阪は3連覇を狙う川崎と、磐田は広島とホームで激突する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月24日 21:19
    • ID:FZMECGRy0
    • まだ新監督の色は出せないだろう。次節に当たるところはやり辛いんじゃないかな。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月24日 21:21
    • ID:qbwfj80Y0
    • 駄目だこりゃ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年08月24日 21:37
    • ID:Lj36mlxi0
    • ジュビロにGKランゲラック?何言ってんだ?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ