Sponsored Link

日本代表の新オプション? 慎重派の森保監督、大迫&鈴木の“変則2トップ採用”の理由

1
森保一監督率いる日本代表は、10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選初戦でミャンマーと対戦し、敵地で2-0と勝利した。

後半途中からエースFW大迫勇也(ブレーメン)とFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が変則2トップを形成したなか、指揮官は「チームの戦い方のオプションとなる形にチャレンジ」と意図を説明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00217021-soccermzw-socc

ミャンマー戦、ゴールが欲しい場面で鈴木投入 「オプションとなる形にチャレンジ」


3
5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)と同じ11人をスタメンで送り出した日本は、序盤から主導権を握ると、前半16分にMF中島翔哉(ポルト)が強烈なミドルシュートを叩き込んだ。続く同26分、MF橋本拳人(FC東京)のくさびのパスを起点に中央から打開。最後はMF堂安律(PSV)のパスからFW南野拓実(ザルツブルク)が頭で合わせて追加点を奪った。

後半は決定打を欠く時間が続いたなか、後半31分にトップ下の南野を下げて鈴木を投入し、大迫と鈴木が変則2トップを形成。ポストプレーを得意とする大迫がやや下がり気味となり、トップ下に近い位置でプレーしながら、時に2トップの形で相手ゴールに迫った。

森保監督は鈴木の投入について、「武蔵と南野を代えたのは、チームとしての疲れは考慮してないですけど、試合の中でもう1点を取りに行くという姿勢でフレッシュな武蔵を入れた」と説明。また変則2トップに関しては「この試合の中でも、これまでやっていなかった、これからさらにチームの戦い方のオプションとなる形にチャレンジするという意味で、ああいう形になった」と続けている。

ゴールが欲しい場面での新オプションとして、大迫&鈴木の変則2トップを実戦でテストしたという。結果的にゴールは生まれなかったがチャンスを作り出しており、連係が高まれば今後もこの形は見られそうだ。長いW杯予選と、その先にあるカタールW杯を見据えて、慎重派の指揮官が見せる“チャレンジ”に一層期待が懸かる。
2
日本は次戦、10月10日に埼玉スタジアムにモンゴル代表を迎える。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 06:14
    • ID:HxfbcAdb0
    • 試さなきゃいけないのは大迫不在時のオプションなんだよなぁ。
      引いてくるアジア勢相手に永井、武蔵を使っても効果は薄い。
      それよりも優磨のポスト、オナイウの高さが見たい。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 06:44
    • ID:.keGqolS0
    • 武蔵も185あるから十分じゃね
      育てば大迫のフィジカルと永井の速度を兼ね備えたFWになれそう
      ここからどこまで成長するかで
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 06:50
    • ID:e59p0GyG0
    • 交代枠3しかない公式戦で、あれこれ試せるはずがない
      その制限の中で所属クラブでトップ下もやってた大迫を残すことで変則的2トップの可能性を試したんでしょ
      ポストプレイヤーがいない時のシミュレーションはコパでやってたし全然いいじゃん
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 06:51
    • ID:lrUGEPow0
    • 鈴木武蔵は多分雑魚専だよ
      強豪相手には通用しない
      武蔵入れるくらいなら武藤でいいよほんとに
      大迫の後釜は鈴木優磨や上田綺世に期待しろ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 06:57
    • ID:c5II9Zly0
    • なんか変なのわいてんなあ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 07:14
    • ID:hMwLG0hS0
    • 武藤はもう選ばれないのだろうか

      永井・武藤・武蔵・優磨・上田・阿道・小川・田川

      大迫の代役として考えられる選手だと思うのだが
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 07:52
    • ID:Qr5V8b.A0
    • 大迫がいない時は南野も外したほうが良いだろう。
      そのときは久保を入れて、永井や武蔵を走らせたほうが良い。
      中島や堂安は誰と組んでも対応できるけど、南野と久保はそうではないように思う。
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 08:01
    • ID:kyhQbp2t0
    • その変則ツートップの大迫のとこに久保だよ
      大迫の代わりなんかどこにも居ないんだから
      不在時は久保と相方にバシバシ裏狙えるひと
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 08:12
    • ID:zfbseISk0
    • 大迫を使わない戦術を模索しろっつうの。森保って何考えてんだよ、一般サポーターでもみんな思うようなこと全くテストしないし対策しないしほんとイラつくわ。仙豆でも持ってんのか?
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 08:23
    • ID:O3cR7OH.0
    • 対アジアで武蔵のスライドの大きいドリブルは対策大変だよな。アフリカの選手みたいに間を詰めちゃうからな。ペナルティエリアまで持ち込めばPKも全然狙える。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 09:39
    • ID:Bbxe3MUP0
    • そういや最近デカイCFあんまいないね
      アジア対策にはそっちの方が有効なんだけどな
      速いタイプは基本格上対策だよな
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月12日 21:37
    • ID:NeZJ0irW0
    • 武蔵はカウンターで生きるから逆に強豪と当たった時にいいかも。縦ポン1発は嫌だけど。あと武藤や永井より仲川や三好とか若くて小柄なイキのいいアタッカーのほうが見たい。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ