Sponsored Link

冨安健洋、3試合連続のフル出場で勝利に貢献。ボローニャは数的優位生かし逆転勝利

1
【ブレシア 3-4 ボローニャ セリエA第3節】

イタリア・セリエA第3節、ブレシア対ボローニャが現地時間15日に行われた。試合はアウェイのボローニャが4-3で勝利を収めた。

日本代表DF冨安健洋は、右サイドバックで開幕から3試合連続の先発となった。フル出場でチームの逆転勝利に貢献した。

【得点者】
10分 1-0 アルフレド・ドンナルンマ(ブレシア)
20分 2-0 アルフレド・ドンナルンマ(ブレシア)
36分 2-1 マッティア・バニ(ボローニャ)
42分 3-1シスターナ(ブレシア)
56分 3-2 パラシオ(ボローニャ)
60分 3-3 アンドレア・ポーリ(ボローニャ)
80分 3-4 オルソリーニ(ボローニャ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00338529-footballc-socc

ボローニャの冨安はフル出場


2
序盤にボローニャは先制点を許す。10分、左サイドでボールを受けたロムロが右足で中央にクロスを供給。ファーサイドにいたアルフレド・ドンナルンマが頭で合わせる。ボローニャGKスコルプスキが掻き出すが、ゴールラインを割り、ブレシアが先制となった。

続く20分にもドンナルンマに決められ、ボローニャは前半のうちに2失点を喫した。だが、ボローニャが1点を返す。ペナルティエリア手前の左からのFKをサンソーネが蹴ると、バニがヘディングで合わせた。

同点に追いつきたいボローニャだったが、42分にシスターナにゴールを決められ、再び2点差に離されてしまう。だが、48分にブレシアのデッセーナが2枚目のイエローカードで退場処分となり、ボローニャが数的優位となる。

すると56分、ペナルティエリア右を抜け出したオルソリーニが切り返し、左足で中央にパスを供給。これをダイレクトでパラシオが合わせた。ボローニャは再び1点差に詰め寄った。さらに60分、右CKから最後はアンドレア・ポーリが押し込み、ついにボローニャが同点に追いついた。

同点に追いついたボローニャが逆転に成功する。80分、左サイドのパラシオがクロスを供給。ファーサイドを走っていたオルソリーニが合わせ、ボローニャが逆転に成功した。

試合はこのまま終了し、ボローニャが4-3で勝利を収めた。勝利したボローニャは3試合負けなしとなった。

次節、ボローニャはホームでローマと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月16日 02:13
    • ID:HJYbPFi60
    • この勝ち点3はデカイわ
      ボローニャサポは脳汁ヤバそうだなw
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月16日 07:52
    • ID:4P.dNWQI0
    • 冨安は守備どうやったん?
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月16日 08:27
    • ID:UcXwjqXa0
    • 守備は相変わらず効きまくってたで、当たり負けもしないし。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月16日 11:11
    • ID:PbmKkvxM0
    • パスミスが最終的に失点につながっちゃったな。ただ前半はみんなパスミスしてたけど
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ