Sponsored Link

ボローニャ指揮官代理、ローマFWに苦しめられた冨安健洋を擁護「前線の問題」

1
ボローニャ指揮官シニシャ・ミハイロヴィッチの代理を務めるエミリオ・デ・レオが、22日のローマ戦終了後に記者会見に出席し、試合を振り返った。

ボローニャは22日、セリエA第4節で強豪ローマとホームで対戦。試合は前半からローマが押し込む展開となり、スコアレスで後半を迎えた49分にアレクサンダル・コラロフに直接FKを決められて失点する。それでも、ボローニャは直後にPKを獲得して同点に追いつき、84分にはローマのジャンルカ・マンチーニが2枚目のイエローカードで退場。しかし、数的優位に立ったボローニャだったが、アディショナルタイムにエディン・ジェコに決勝弾を許して1-2の敗戦を喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00010027-goal-socc

前線の選手の対応が不十分と指摘


2
監督代理で会見に臨んだデ・レオは、試合をこう分析する。 「チームの持ち味が出てきたのは後半になってからで、我々が望んでいた通りの積極的なプレーが見られた。だが、我々が決定機を逃した一方で相手はミスをしなかった。パフォーマンスを見ても、引き分けが妥当な試合だったと思う。それでもすべてにおいて良かったわけでないので仕方ない。次に集中したい」

この試合で躍動したコラロフと対面したのは、4試合連続で右サイドバックとして起用された日本代表DF冨安健洋だった。しかし、デ・レオは問題が前線のリッカルド・オルソリーニの対応にあったと指摘し、冨安を擁護した。

「オルソリーニは前半、(フェデリコ)ファシオにもっとプレッシャーをかけるべきだった。そうすればトミヤスもコラロフをもっと抑えることができたはず。オルソリーニが数メートル後ろに下がったことで、ファシオはフリーでボールを持ち、ローマはボールを自由に動かすことができた。そのためトミヤスはコラロフに追いつけなかった。私は前線の選手の対応が不十分だったと考えている」

次節、ボローニャは敵地でジェノアと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 20:55
    • ID:9PsCDPK50
    • なるほどねぇ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 20:56
    • ID:tsMWhIg10
    • あの前線半残りはカウンター狙いはチーム戦術じゃなかったのかww
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 21:01
    • ID:HneS39LI0
    • オルソリーニが前張り付いてたのは戦術だと思ったけど違うのか
      それか攻撃のタスクはあのままで更に守備ももう少し頑張れという意味なのか
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 21:02
    • ID:m6rVBttY0
    • チーム戦術だけどもう少しCBにプレッシャーかけてってことでしょ なんで戦術否定してるの?
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 21:04
    • ID:RgJb6f4w0
    • 普通3バックってサイドの選手も下がって実質5バックになるものなのにオルソリーニは全く下がって来なかった
      ずっと1人で相手2人をみる形になっててあんなのダイクでも無理だよ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 21:07
    • ID:F6BvXPN50
    • 5 なるほど 分かりやすい
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 21:22
    • ID:KGdL1.gl0
    • 1人でローマの攻撃陣2人を相手し続けても大したボロ出さない富安凄すぎやろ
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 22:09
    • ID:C22cTaEX0
    • あのレベルで下がって来なかったのはベンチからの指示だと思ってたけど、もしそうではなくて選手の独断だとしたら守備のタスクを放棄しすぎ
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 22:21
    • ID:t02Tz8AT0
    • ほら言った通り オルソリーニが前線に残ってたのは監督の指示とかドヤ顔で語ってたやついたけど守備放棄して許されるのなんてメッシレベルだけだろうが
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 22:27
    • ID:iFL9HmBr0
    • 世界中至るところに中島みたいなのはいるんだと再確認。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 22:31
    • ID:b3tFkQbj0
    • >>3
      多分後者の方だと思う。高い位置で相手最終ラインに鬼ハイプレス仕掛けながら同時にカウンター仕事にも備えろっていう事だったんだろ。
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 22:41
    • ID:Zs1Z90Ee0
    • いやみんなホントに記事ちゃんと読んでるか?
      前線の問題とは言ってるけど、問題とは戻ってこない事じゃなくて
      半端に下がらずにもっと前にプレスかけるべきだった、って話だぞ?

      なんで「オルソリーニが戻ってこないのがダメ」って話になってんだよ
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 22:48
    • ID:d6TLJtpo0
    • なるほど・・・・・よくわからんぜw
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 23:04
    • ID:Zs1Z90Ee0
    • >>9
      ちゃんと読めよ
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 23:46
    • ID:PutIUj3v0
    • オルソリーニはハイ・プレスをサボっていたのか・・・
    • 16
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月23日 23:50
    • ID:iHwabcnm0
    • ほんと記事読んでないやつばっかでびっくりしたわw
      >>12がコメントしてなかったら俺が読み間違えてるかと考え始めるところだった。
      オルソリーニが前線に残る戦術というのは正しくて、実戦では下がりすぎたことを咎められてる。
    • 17
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月24日 00:17
    • ID:hFAR0XtV0
    • >>5
      監督が言ってんのは下がってこいじゃないぞ?

      ビルドアップするセンターバックにプレスかけたらすぐにサイドを広くは使えない、時間かけさせたらサイドに振られても中盤のやつがサイドのケア間に合うのにってことであって、この話じゃオルソリーニが高い位置を取ってることは間違ってない
    • 18
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月24日 00:18
    • ID:hFAR0XtV0
    • >>9
      ドヤ顔で勘違いしてて草
    • 19
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月24日 00:27
    • ID:O2nUOyRG0
    • 無能な指揮官の戦術に翻弄された冨安
    • 20
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月24日 02:20
    • ID:k8oz7uvn0
    • 監督が関知するところではないってこと
      1人で2人相手にさせられてる時点で誰かがカバーせず好き勝手やってたんでしょ
      監督なら絶対怒らなきゃいけないポイントだろ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ