Sponsored Link

元アントラーズのFWカイオ、名門ベンフィカで公式戦初先発へ。監督もオプション模索中

1
かつて鹿島アントラーズで活躍したブラジル人FWは、この夏にUAE1部のアル・アインからポルトガル1部の名門ベンフィカへのステップアップ移籍を果たし、背番号7を託された。

しかし、国内のみならず欧州にその名を轟かせる強豪クラブでの挑戦は簡単なものではなかった。カイオは今季、いまだリーグ戦3試合の途中出場にとどまっている。

そんな状況で、25歳になったブラジル人ウィンガーにはまたとないチャンスが舞い込んできた。現地25日に行われるタッサ・ダ・リーガ(リーグカップ)のグループリーグ初戦、ヴィトーリア・ギマランイス戦で先発起用される見込みになったことを、ポルトガル紙『レコード』が報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190925-00339942-footballc-socc

元鹿島アントラーズのFWカイオは名門ベンフィカで奮闘中


2
カイオにとって待ちに待ったポルトガルでの公式戦初先発だ。ベンフィカが国内リーグとポルトガルカップ、リーグカップ、チャンピオンズリーグ(CL)と4つの大会を並行して戦っていく中で、ブルーノ・ラージ監督は主力だけに頼らないオプションを探しているという。

国内リーグの試合と試合に間に行われるリーグカップは、指揮官の「新たな機会創出計画」を実行に移す絶好のチャンスで、カイオはその恩恵を受けることになる。他にも元ロシアU-18代表GKイバン・ズロビンや、チームキャプテンのDFジャルデウ、生え抜き有望株の20歳FWジョタなどに長い出場時間が与えられるようだ。

ベンフィカのサイドアタッカーはともにポルトガル代表のMFピッツィとMFラファ・シウバが鉄板コンビになっている。カイオもこれまでに途中出場したリーグ戦の3試合では、2人のうちどちらかとの交代でピッチに入っていた。
3
元アントラーズの韋駄天ウィンガーは、ポルトガル代表クラスが揃うポジション争いに割って入ることができるだろうか。25日のヴィトーリア・ギマランイス戦で溌剌としたパフォーマンスを疲労できれば、今後のリーグ戦での出場機会増やCLデビューといった未来につながっていくはずだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月26日 03:36
    • ID:bLUY1Sls0
    • Jに戻ってきてほしいなぁ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月26日 04:00
    • ID:FQKzN.Ix0
    • カイオでも全然試合に出れていないのは意外だった。ポルトガル語なので言語の問題も無いのにね。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月26日 06:17
    • ID:iS00.W260
    • 応援しています
      頑張って下さい
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月26日 06:37
    • ID:put7SQoF0
    • 鹿島サポではないが日本の高校から出た選手だもんなー応援してるよ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月26日 07:26
    • ID:r4S9sGiw0
    • よし、メルカリマネーでレンタルしよう
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月26日 12:54
    • ID:Buy.AgPy0
    • 一時は帰化して日本代表!…って噂もあったんだけどねぇ。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年09月26日 23:56
    • ID:UHfVjkR40
    • 最近途中出場で試合に出れるようになってたから、いよいよだね
      カイオですらポルトガルの強豪じゃ出場難しいのか、ってショックだったけど
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ