Sponsored Link

海外組増加で若手の手本に! “川島流”時差ぼけ調整方法は「僕はベッドの上で…」

1
日本代表GK川島永嗣(ストラスブール)が8日、若手に“時差ぼけ調整法”を説いた。

日本代表は10日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦(埼玉)と、15日に敵地で臨むタジキスタン戦(ドゥシャンベ)に向けてさいたま市内で合宿を実施。海外組が全23選手中20人にも上る森保ジャパンで、ベテラン川島はコンディション調整の重要性を語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191009-00222304-soccermzw-socc

若手とも時差ぼけについて“ミーティング” 「ちょうど植田と話をしていて…」


2
8日の練習でようやく全員が揃い、10日には負けられないモンゴルとのW杯予選を控える。海外組が過去最多の20人となった森保ジャパン。欧州から帰国する選手が直面するのは“時差ぼけ問題”だ。2010年にベルギー1部リールセに加入して以来、スコットランドやフランスでプレーを続けてきた川島は、代表選手の宿命とも言える時差ぼけの調整法に長年取り組んできた。川島はタイミングを見極めて、コンディションを整えていくという。

「時差の調整はもちろんありますし、それを自分がどういう形でいい状態を出せるのかは、長くやらせてもらっているので……どういうタイミングで寝るかとか寝ないかとかも含めて、気をつけている部分はもちろんあります」

若手から意見を求められることもある。前日7日にはDF植田直通(セルクル・ブルージュ)と時差ぼけについて話をし、ストイックな調整法に川島も驚いたようだ。

「『寝ないように部屋でベッドに寝ない』とか、『椅子に座っている』とか言ってましたけど、僕はベッドの上で横たわっています(笑)。(大事なのは)バランス。気に懸けるところは気にしなければ人間の体は正直だと思いますし、睡眠時間とか休養も含めて、いい状態を作るのが大切。移動だったり、アウェーの戦いとかも含めて想像できない部分も出てくると思うので、上手くぼかすところはぼかして、ただ自分のやることに集中するのも大切」

長年日本代表を支えてきたベテランだからこそ実感する良いコンディションの作り方。どんな状況でも言い訳が許されないからこそ、若手は代表選手としてそれぞれの調整法を模索する必要がある。2次予選でもまだ敵地の戦いはタジキスタンやキルギス、モンゴルが待っている。厳しい環境のなかでも、百戦錬磨の川島の助言がヒントになることは間違いない。
3
日本対モンゴルは明日10日19:35より試合開始予定。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 19:51
    • ID:X9RnPeXH0
    • 海外行ったことないけど時差ボケってそんな影響すんの?移動がーって言ってる人よく見るけど言うても飛行機で座ってるだけだよね?
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 19:54
    • ID:7xchSqFc0
    • >>1
      行ったことないなら黙ってろよw
      恥ずかしいからw
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 20:00
    • ID:VfS9Holn0
    • ≫1
      例えばイギリスからならほぼ半日時差があるわけ。
      ほんで午前9時にイギリスを出たとしたらほぼ12時間フライトしなきゃいけなくて、そこに時差を加えると日本についた頃には次の日の9時になってるってわけ。
      朝から出て寝ずに過ごしてまだ朝だったらきついだろ?
      だから相当重荷なわけ。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 20:05
    • ID:HhA.0.FW0
    • 東の時差は特にキツイ、西は移動中眠いからなんとかなる
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 20:31
    • ID:7xchSqFc0
    • まず10時間以上じっと座ってるのがきついし、標高高いところを移動してるから疲労も溜まる
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 20:31
    • ID:NlwkeZ1L0
    • 疑問なんだけど、逆に昼夜逆転の人の場合は時差ボケあるの?どうなるの?
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 20:49
    • ID:9TDaXSRt0
    • 東へ行くのと西へ行くのでも大分違うからな
      欧州から日本は日本から欧州よりも調整が難しくなる
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 20:51
    • ID:cUMjkDhN0
    • 欧州に年数回行くが、
      欧州滞在中は時差ボケないが、日本に帰ってきて時差ボケになる。
      だから選手は代表戦より、所属チームに戻った直後がキツイと思う。
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 21:04
    • ID:T1Vai2ck0
    • 植田「でも川島さんコンディション整える必要あります?出れないのに」
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 21:10
    • ID:Ws1zPfYz0
    • 飛行機の中でも横になれるビジネスからファーストクラスでの移動なのにそんなに時差ボケ出るかなぁっていつも不思議
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 22:23
    • ID:TXqN4pbf0
    • >>3
      なんでフライト中寝てない計算なんだよ笑

      仕事で頻繁に日本とメキシコ、サウジ、タイ、イタリア、フィンランドをグルグルしてるけど、時差ボケなんてそんな気にならないわ。飛行機で寝るし時間調整なんて普通に出来る。みんなも日本にいたとしても徹夜した時とか昼寝をし過ぎた休日とかで睡眠時間が変わっても、自然に時間調整して次の仕事に行けるでしょ
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 22:31
    • ID:mZcVsCd00
    • >>10
      横になっても辛いのは変わらんよ
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 22:31
    • ID:p.JOR7ta0
    • >>1
      俺最近は毎年お盆に家族で海外旅行行くけど帰ってきてから1週間は毎日眠い。
      昼間とかにどうしようもなく眠くなる
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月09日 23:36
    • ID:U9xjgvRI0
    • >>10
      ただ仕事するとかじゃなくて全力でサッカーするわけだからな
      眠気が残ってる状況でプレーをすればスタミナや反応速度に影響ある
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月10日 10:19
    • ID:nPDhOs7R0
    • 夜型人間が海外行ったら時差ボケしないかと思ったら、現地でも夜型になったわ。ただ太陽嫌いなだけやったわ
    • 16
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月10日 10:45
    • ID:nPDhOs7R0
    • >>6
      フライト時間によってはなってないと思う。ただ、よく分からん。
      もともとイカれた時計だし、こっちでも所用で日中ムリして起きることあるんやが、多分あのダルさ+移動疲労が時差ボケに近いんかなって思う。体内時計にとっては、日常的過ぎてソレが時差ボケって言うのか分からん。

      まぁ結局現地でも夜型になったんやけど。
    • 17
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月10日 18:30
    • ID:v3Wx1uxP0
    • >>9
      この内容の記事でそういうコメントしかできねーのかよ 笑 どんな根暗な人生おくってきたんだよ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ