Sponsored Link

メッシら不在のアルゼンチンが6発圧勝!…エクアドルとの南米対決制す

1
国際親善試合が13日に行われ、エクアドル代表とアルゼンチン代表が対戦した。

【スコア】
エクアドル代表 1-6 アルゼンチン代表
【得点者】
0-1 20分 ルーカス・アラリオ(アルゼンチン)
0-2 27分 オウンゴール(ジョン・エスピノーザ)(アルゼンチン)
0-3 32分 レアンドロ・パレデス(PK/アルゼンチン)
1-3 49分 アンヘル・メナ(エクアドル)
1-4 66分 ヘルマン・ペッセッラ(アルゼンチン)
1-5 82分 ニコラス・ドミンゲス(アルゼンチン)
1-6 86分 ルーカス・オカンポス(アルゼンチン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00989275-soccerk-socc

アルゼンチンがエクアドルに圧勝


2
リオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、アンヘル・ディ・マリアら不在のアルゼンチンは20分、左CKからルーカス・アラリオがヘディングシュートを沈めて先制に成功した。

さらに27分にはマルコス・アクーニャのクロスが相手DFジョン・エスピノーザのオウンゴールを誘って追加点。30分にはラウタロ・マルティネスが倒されてPKを獲得すると、32分にレアンドロ・パレデスがゴール左に決めて、リードを3点に広げた。

エクアドルは後半の立ち上がり49分、左サイドのFKでアンヘル・メナが直接ゴール右隅に突き刺して一矢報いる。しかしアルゼンチンは66分、左サイドのFKからヘルマン・ペッセッラが頭で合わせて、リードを3点に戻した。

さらにアルゼンチンは82分、ニコラス・ドミンゲスがエリア前中央から右足シュートをゴール左隅に突き刺して追加点。86分にはルーカス・オカンポスがエリア右から右足で蹴り込み、ダメ押しの6点目を挙げた。

試合はこのまま終了し、アルゼンチンがエクアドルに圧勝で南米対決を制した。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月14日 21:51
    • ID:D8sDC4Qe0
    • 得点者がオカンポスぐらいしか知らねぇ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月14日 21:52
    • ID:CCeDP1.E0
    • 地蔵はイラネ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月14日 22:18
    • ID:U4UH7ne40
    • 最近のアルゼンチン強くね?
      メッシっていう圧倒的な才能を活かすの本当に難しいんだろうな
      なんとか組み込めないもんかね
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月14日 22:23
    • ID:ZFh2GKEx0
    • メッシ抜きの これにディマリア イカルディ アグエロ入れれば普通に強いに決まってる
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月14日 22:31
    • ID:3F2SwNJ80
    • メッシいらないじゃんw
      チームが機能しなくなるから邪魔なだけ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月15日 00:31
    • ID:C5xTRY4D0
    • 格下相手に圧勝してるだけ。相手が強くなるor公式戦になるとメッシ抜きだと何にも出来なくなるのは過去から見ても明らかなのにまだメッシ抜きで強いとか言ってんのか。
      まあ、メッシも年齢的に次のワールドカップは無理だろうし、落ち目だろうからメッシ抜きでやる必要はあるけど。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ