Sponsored Link

日本代表、前半苦戦の要因は? 相手の奮闘、人工芝…そして切り替えで生じた“ズレ”

1
森保一監督率いる日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦(リパブリカン・セントラル・スタジアム)に臨み、3-0で勝利を収めた。最終的に完勝と言えるスコアとなった一方、前半はカウンターを浴びて決定機を作られるシーンもあるなど、苦戦を強いられた。その理由をいくつかの要素に分けて考察する。

タジキスタン戦の日本は、10日にモンゴル戦(6-0)からスタメン4人を変更。負傷欠場のDF冨安健洋(ボローニャ)に代わってDF植田直通(セルクル・ブルージュ)がセンターバックに入り、ボランチの一角にMF橋本拳人(FC東京)、右サイドハーフにMF堂安律(PSV)、1トップにはFW鎌田大地(フランクフルト)を据えられた。

試合が始まると、日本がボールを持って攻撃を仕掛けようとするものの、タジキスタンの出足の良さが目立ち、ハイプレッシャーからルーズボールを拾われて自陣深くまで背走させられるシーンも発生。森保監督も試合後、「本当にこの試合に勝とうとする必死な思いがこもったプレーで、なかなか崩すにしても守備で対応するにしても難しい状況だった」と認めるほどだった。

それでも前半を無失点で終え、後半の3得点につなげたのは現在のチームの成熟度を表しており、90分を通して見れば貫禄の勝利とも言える。ただ、前半24分にGK権田修一(ポルティモネンセ)がファインセーブで防いだ決定機を決められていたら、より難しい展開になっていたことは間違いない。苦戦の要因がどこにあったのかを探ることは、今後の予選での戦いを追ううえでも意味があるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00223870-soccermzw-socc

タジキスタン戦は3-0完勝も、前半は厳しい戦いに 複数の観点から理由を考察


2
第一に、前述のようにタジキスタンのモチベーションが極限まで高まっていたことは、確かにプレーに影響を及ぼしていた。前半からフルスロットルで“先手必勝”を期してきたことで、後半にはガス欠状態となったわけだが、主導権を握るために全力を注ぎ込むというプランは実際に日本を苦しめている。

また、戦前から影響が懸念されていた人工芝のピッチも、DF吉田麻也(サウサンプトン)が「明らかに僕らが芝に慣れていなくて向こうは慣れていた」と振り返ったように、前半の停滞の一因となった。日本の選手たちも当然、人工芝でのプレー経験は持っているが、タジキスタンは国内組の多くが会場となったリパブリカン・セントラル・スタジアムをホームとするイスティクロル・ドゥシャンベでプレーしており、単なる芝の違い以上に“慣れ”がある。3日間のトレーニングを通してもフィットし切れなかった部分が、実戦で差となって出てしまった。

ただ、これらはあくまで外的な要因だ。試合ごとに変わることでもあり、アジアのアウェーでは常に覚悟して対処すべき点でもある。では、日本として改善できる部分はどうか。試合後、MF柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)が残した言葉にヒントがある。

「相手の技術が思ったより高かったけど、日本としては切り替えのスピードがいつもより遅かったことと、攻めている時のポジショニングがいつもよりあいまいだった。奪えればいいけど、ひっくり返される場面は多かった」

攻守が入れ替わった際の反応がワンテンポ遅れ、陣形もやや崩れている状態のなか、ボールを奪い返しにいったところを外され、2列目にテクニシャンを揃えたタジキスタンに一気にボールを運ばれる。まさに前半、ピンチになりかけたシーンに共通するパターンだった。

実は試合前日、MF原口元気(ハノーファー)は「結構リスクのあるような取りに行き方をしているシーンもある」と現状を指摘していた。そのままボールを奪えれば再び攻守は入れ替わり、カウンターのチャンスが生まれる。しかし奪い切れなければ、背後に広大なスペースを与えてしまう。これまでのミャンマー、モンゴルよりも明らかに力のあるタジキスタンと対戦したことで、切り替えの際に生まれる“ズレ”がクローズアップされた側面もあるだろう。

これから相手のレベルが上がっていけば、より精度高く、抜け目なくスキを突いてくるチームも出てくる。勝っているなかでも細部の“詰め”をさらに徹底していくことが、今後は求められていくだろう。タジキスタン戦を教訓にチームの完成度が高まることにつながれば、45分間の“苦戦”は意味のあるものだったと言えるはずだ。

日本代表はこの後、11月14日に行われる予選第4戦でキルギス代表とのアウェー戦に臨む。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 04:40
    • ID:.RBob2N80
    • 多くの問題に対応しきれなかった監督が一番の要因やと思うなぁ
      両サイドのパフォーマンスの低さに対して最も早く対応すべき
      鎌田の適性や南野との関係性を予め見抜いておくべきだったはず
      吉田、柴崎のクオリティの低さも明らかに問題があった
      久保をあのタイミングで投入する意図が理解出来ない
      広島での栄光を引きずっているのか浅野をいまだに使う意味がわからない
      それなら古橋や仲川の方がコンディションがいいはず
      ……あげだしたらキリがない
      この先、ハリルのように本番ギリギリで更迭する様な事がない事を願うばかり
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 05:40
    • ID:HBbX.3pi0
    • 右サイド、伊東なら抜けれた!て場面が多かった。だからスタメンか、後半浅野じゃなくて伊東で良かったのでは?
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 06:08
    • ID:i95EBVFQ0
    • まあアジアの国で普通に戦って日本に勝てる国はほぼないから前半でスタミナ使い切る勢いで攻めて来て、運良く得点できたらドン引きで守り切り取れなかったらスタミナ切れでゲームオーバーって戦術使うところ多いよな。特に中東によく見られる
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 06:42
    • ID:1tmmihUF0
    • アウェイで勝ち点3取って3連勝無失点だし、他のグループの結果見ても、手堅く無難にきてると思うけどな。
      批判にさらされるのも監督の仕事とは言え、傍目八目で必要以上に無能無能言われるのはどうなんかね?

      福沢諭吉曰く「行為する者にとって、行為せざる者は最も過酷な批判者である」らしいですよ。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 07:12
    • ID:nv2NnUXt0
    • とはいえ確実に結果は残してる。今までの外人監督なんて良さそうとか言うわりには
      結果が微妙に反映されてない試合ばかり。この前の大会予選では所詮負けてたからね。
      後に盛り返したけどさ。まぁ周りの外圧に負けないで頑張ってほしいもんだ。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 07:27
    • ID:ATpRu.vr0
    • 無理スジのポイチ批判を色々なサイトで見るけどあれ何なの?同一人物?
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 07:36
    • ID:SuAmkX5K0
    • 次のキルギスも人工芝なんかなぁ。
      来年3月の極寒モンゴル人工芝アウェーがめっちゃ怖いわ。
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 07:43
    • ID:Ew2Sc5sH0
    • >>6
      なにかと否定することでサッカー通ぶりたい人、お気に入りの選手を優遇しないことが不満の人、なんとなく見た目が気に入らない人、とにかく誰でもいいから叩きたい人、とか色んな人が叩いてるんだと思うよ。

      こういう類の人たちはネット上には常にいる。特にサッカー関連では。
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 07:43
    • ID:Q.vNKyaq0
    • ※4
       不可解な選手起用の問題やろな。
       コンディション重視なのかと思いきや、大迫や富安を使い潰しているわけで。この時点で『無難』はない。
       柴崎は現状だと機能してなさすぎで、実質、堂安が実質のボランチ。 堂安を交代させられないのは、そういう事だろ。

       勝利するのは当たり前の二次予選で、内容が問われてくるから、今回の出来は不安を感じさせるよ。
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 11:38
    • ID:z.xRJz220
    • 伊東なら抜けれた!って発想はすごいな
      攻撃やその場面しか見てない
      伊東なら守れなかったカバーできなかったそこにパスは出なかったって発想はないのかな?
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 12:06
    • ID:AoAw7Kij0
    • >>6
      無理筋?
      カタール戦と似たような失敗してたんだけど
      それがこの記事で指摘されてるズレだって理解出来てる??
      森保監督はまたポジション修正も出来なかったんだよ?
      まー指摘を批判としか受け取れないアフォには何言っても理解出来ないんだろうけど
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 12:46
    • ID:1tmmihUF0
    • >>9
      ≫勝利するのは当たり前の二次予選
      UAEやイランの結果を見れば当たり前とは言い辛いと思うけどな。

      アジア杯の大迫や今回の冨安の負傷は、決して望まれるものではないし避けようが無かったとも思わないけど、結果論だと思う。

      ※1みたいな批判は、床屋談議なら分かるけど、実際ゲームが始まったら交代枠幾つあっても足りないよね。
      柴崎のボランチとしての守備強度にしても、試合が始まるまでウスベクの中盤があれほどタフだとは誰も思ってなかった訳で、アグレッシブなプランだと柴崎を外す選択肢はないと思う。

      監督が一番批判されるべきなのは、召集メンバー選考とスタメン、交代枠の切り方で、それぞれに個人的には見解があるけど、与えられた条件の中でやり繰りして、ちゃんと勝ち点取ってるんだからそこは評価すべきじゃないかな?
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月17日 15:55
    • ID:K4JVehtm0
    • >>11
      批判と指摘を分けるならアフォとか使わずにやってほしかったな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ