Sponsored Link

降格回避へ…名古屋グランパスついに超厳戒モードに 今後2週間の練習すべて非公開

1
就任から3戦勝ちなしの名古屋グランパス、マッシモ・フィッカデンティ監督(51)が23日、厳戒ピリピリモードに突入した。

前節・仙台戦に0-2で負け、オフを挟んで次節・札幌戦へ始動したこの日、練習は冒頭公開のみ。11月2日の次節まで中2週間あり、練習公開日もサポーターへの一般公開予定も予定されていないのはクラブとして異例。少しの情報も漏らさず、準備を進める。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00010030-chuspo-socc

ストレッチする選手の脇を、悩ましげな表情で歩くフィッカデンティ監督


2
練習の公開スタイルが、クラブの現状を物語る。報道陣がピッチ脇にいるのを許されたのはアップのみ。ボールを使うメニューすべては非公開だった。

前節・仙台戦の敗戦はそれほどショッキングだった。攻撃陣は8試合連続失点中の相手に無得点。7戦未勝利で、5月中旬から5カ月間で18戦1勝。シーズン序盤の貯金を食いつぶし14位まで転落した。これにより2016年以来、3年ぶりJ2降格がいよいよ現実味を帯びてきた。

非公開の予兆はあった。クラブは15日の公開予定から一転、非公開にした。カップ戦も行われたシーズン序盤を除けば、リーグ戦からリーグ戦の間がすべて非公開となるのは異例の事態。クラブも戦術練習が多いことから、サポーターへの理解を求めている。

練習を終えたFW前田は非公開練習に「相手の弱点を突くという意味では、見られない方がいいのかな、と思うところもあります。ただ、監督にどれだけいいアドバイスをもらって、いい戦略を立ててもらっても、ゴールを決められなかったら意味がない。自分たちのレベルアップが1番大事です」と言った。
3
敵地で勝ちたい。アウェー勝利は3月9日G大阪戦までさかのぼる。それ以降は約8カ月、13試合連続で勝ちなし(7分け6敗)。今季も残り5試合。分厚いフィッカ・カーテンで締め切ったピッチで、勝利への準備は進む。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月24日 04:23
    • ID:J95IdNUb0
    • 暗躍する忍者
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月24日 05:26
    • ID:QHtp4kkp0
    • 降格してくれたらいい選手たくさん抱えてるからありがたい
      磐田とか鳥栖とか欲しいのいないし
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月24日 05:31
    • ID:quIERefw0
    • 正直、落ちる気はしないけど
      戦力見ても勝点50に全く届かない情けない状況を来年は何とかして欲しい
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月24日 05:39
    • ID:v9rV5kp30
    • 長谷川写ってたらもうだめじゃん
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月24日 09:00
    • ID:mb93xJmn0
    • ギリギリ昇格からの昨年降格寸前から春先見て浮かれていきなり上位要求する頭のおかしいフロントにファンがチームを壊した

      横浜が今のサッカーするのにシティ呼んで基礎工事何年かけたよ
      川崎は連覇したのは鬼木の功績だけ?
      広島も浦和もミシャ無しでどこまでやれたの?
      鹿島はジーコ居なくてもここまでこれたか?

      金かけるだけであっさり勝てる時代じゃねえんだよ 神戸だって去年より成績落としてんだから 豊田マネー無しだったらジェフになってる所だぞ本当に
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ